下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

ART in DOJIMA@堂島ホテル

ART in DOJIMA*1堂島ホテル)を見る。

参加ギャラリー:
<大阪>アートコートギャラリー、アート・遊、サイギャラリー、ギャラリー風、ピクチャーフォトスペース:ViewingRoom、FUKUGAN GALLERY、ヨシアキイノウエギャラリー、ギャラリーヤマグチクンストバウ、ノマル・プロジェクトスペース、ギャラリーほそかわ、MEM<京都>ヴォイスギャラリーpfs/w、ギャラリータフ、<東京>ギャラリーテラシタ、ときの忘れもの、MEGUMI OGITA GALLERY、gallery 坂巻、レントゲンヴェルケ、YOKOI FINE ART、ヒロ画廊、ギャラリー椿、双ギャラリー<名古屋>ケンジタキギャラリー<丸亀>ギャラリーアルテ<韓国>クムサンギャラリー

 昨年までCASOで行われていたアートフェア「ART in CASO」が今年は堂島ホテルに場所を移して行われた。堂島ホテル8階・9階を駆り切り客室26室をギャラリーにしてしまうという企画で、以前のCASOでのものが大広間的な会場をパネルで仕切ってというそっけないものだったのに対し、今回は展示の方法ひとつをとってもそれぞれのギャラリーの個性がうかがえるようで、またこのホテルも各部屋が共通企画ではなくて、grafが内装を手掛けたりと個性豊かなところから、展示そのものがまるでインスタレーションのようで見て回って楽しかった。
 しかし、そのせいで予想以上にすべてを見るのに時間がかかってしまい気がついた時にはいくはずだった芝居の開園時間が40分もオーバーしてしまっていて見逃してしまったのは痛恨。予約までしていたのに劇場にも悪いことをしたと大反省。先週、珍しいキノコ舞踊団の公演に間に合わずに見られなかったのは台風のせいで飛行機が飛ばなかったためという不可抗力もあったのだけれど2週間連続でこんなことをやってるとさすがに相当へこむ。