下北沢通信

木ノ下歌舞伎「三人吉三」@京都芸術劇場春秋座

監監修・補綴|木ノ下裕一
演出・美術|杉原邦生
作|河竹黙阿弥
出演|
大村わたる 和尚吉三
大橋一輝 お坊吉三
堀越涼 お嬢吉三
村上誠基 木屋文蔵(文里)
熊川ふみ 丁子屋花魁 一重
兵藤公美 文蔵女房 おしづ
塚越健一 八百屋久兵衛
bable 釜屋武兵衛
森田真和 文蔵倅 鉄之助
緑川史絵 丁子屋新造 花琴
大寺亜矢子 丁子屋花魁 吉野
森 一生 おしづ弟 与吉
田中祐気 木屋手代 十三郎
滝沢めぐみ 伝吉娘 おとせ
武谷公雄 土左衛門伝吉
※演出の都合上、配役は変更になる可能性がございます

※文蔵女房 おしづ役で出演を予定していた藤井咲有里は体調不良のため降板いたします。それに伴い、上記の配役に変更いたします。何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

舞台監督|大鹿展明 照明|中山奈美  音響|星野大輔 衣裳|藤谷香子
所作指導|史(Chika) 文芸|関 亜弓 補綴助手|稲垣貴俊 演出助手|岩澤哲野、鈴木美波
宣伝美術|外山 央 制作|本郷麻衣 製作|木ノ下歌舞伎 共同製作|KYOTO EXPERIMENT

協力|あやめ十八番、柿喰う客、急な坂スタジオ、キューブ、KUNIO、劇団しようよ、サウンドウィーズ、
青年団、台湾岡崎藝術座、DULL-COLORED POP、TEAM>りびどー大戦争、花組芝居
PAPALUWA、範宙遊泳、FAI FAI(快快)、(有)レトル
助成|平成26年文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、公益財団法人セゾン文化財
主催|KYOTO EXPERIMENT

 前回の鶴屋南北に続き、やはり全幕上演で木ノ下歌舞伎が挑むのは河竹黙阿弥