下北沢通信

カラス アパラタス 開館4周年記念公演アップデイトダンス #48「イリュミナシオン」

カラス アパラタス 開館4周年記念公演アップデイトダンス #48「イリュミナシオン


フランスの詩人アルチュール ランボーの詩集
「イルミナシオン」(1874)を基にしたダンス作品。
私自身、若い時に読後の興奮と焦燥とで胸躍らせた身体感覚が
7月の太陽の下によみがえりハートを焦がす。
今年の夏のダンス体験は、8月終わりに萩原朔太郎
「月に吠える」に移り、歪んだ太陽と鋭い月の牙へ向かう。
                    勅使川原三郎
 
 
出演 佐東利穂子 勅使川原三郎
演出 照明  勅使川原三郎