下北沢通信

劇団チョコレートケーキ『あの記憶の記録』@池袋東京芸術劇場

劇団チョコレートケーキ『あの記憶の記録』@池袋東京芸術劇場

【キャスト】※五十音順

『あの記憶の記録』
岡本篤
浅井伸治
(以上、劇団チョコレートケーキ)

川添美和(Voyantroupe/(株)ワーサル)
寺十吾(tsumazuki no ishi)
藤松祥子(青年団
水石亜飛夢
吉川亜紀子(テアトル・エコー
吉田久美(演劇集団円

【スタッフ】
脚本    古川 健(劇団チョコレートケーキ)
演出    日澤雄介(劇団チョコレートケーキ)
舞台美術  鎌田朋子
照明    和田東史子
照明操作  松田桂一(松本デザイン室)
音響    佐久間 修一
音楽    加藤史崇
衣装    藤田 友
舞台監督  本郷剛史
演出助手  和田沙緒理
宣伝美術  R-design
写真    池村隆司
撮影    神之門 隆広(tran.cs)
Web    ナガヤマドネルケバブ
制作    菅野佐知子(劇団チョコレートケーキ)
制作協力  塩田友克
企画・製作 一般社団法人 劇団チョコレートケーキ

アウシュビッツの悲劇を描いたというよりはアウシュビッツを生き延びた生存者が今も抱える「あの記憶」に対するトラウマとそれゆえの現在のイスラエル国家に感じている違和感を描き出している。
 演劇としては非常によく出来たものではあるが、自分たちの身にではなくまったく離れた場所に出来た出来事に演劇がどのようにアプローチしていけるのだろうかということに対して、居心地の悪さを感じざるを得ない。
 それはどういうことか。この「あの記憶の記録」では一見直接的にアウシュビッツで起こったショアのことを描いているように見えて、実は直接は書いていない。
 描かれるのは父親のそこでの記憶とショアの記憶を記録する活動をしている息子、娘が通学している女性教師に対して、父親が語る「あの記憶の記録」である。