下北沢通信

うさぎストライプ と 親父ブルースブラザーズ「バージン・ブルース」(2回目)@こまばアゴラ劇場

作・演出:大池容子
出演 中丸新将 志賀廣太郎青年団) 小瀧万梨子(うさぎストライプ/青年団
スタッフ
舞台監督:宮田公一 舞台美術:濱崎賢二(青年団) 照明:黒太剛亮(黒猿)
音響:杉山碧(ラセンス)  演出助手:亀山浩史(うさぎストライプ)
制作:金澤昭(うさぎストライプ/青年団) 赤刎千久子(青年団
スチール:岡崎写真館 宣伝美術:西泰宏(うさぎストライプ) 
芸術監督:平田オリザ 技術協力:鈴木健介(アゴラ企画) 制作協力:木元太郎(アゴラ企画)

青年団志賀廣太郎と外部の舞台で一緒をしたことがあり大池容子(青年団演出部、うさぎストライプ)がそれ以来懇意にしていた中丸新将はいずれも桐朋学園大学短期大学部演劇専攻の出身だ。志賀は同専攻の2期生。中丸は一つ下の3期生であった。中丸は大学当時から先輩である志賀のことを知っていたがこれまで一緒に芝居にしたことはなく、「なんとか生きているうちに一緒にやってみたい」と彼が語るのを聞いたの大池が青年団の先輩でもある志賀に声をかけ、うさぎストライプの劇団員でもあり、これもやはり桐朋学園大学短期大学部の出身である小瀧万梨子も参加して男2人女1人の三人芝居として上演されることになった。