下北沢通信

はなもとゆか×マツキモエ「WORM HOLE ワームホール」@こまばアゴラ劇場

構成 ・演出:松木萌 振付:花本ゆか 松木萌
出演 花本ゆか 松木萌 伊藤彩里 山田春江
スタッフ
舞台美術 奥中章人
照明 Yann Becker
音響 BUNBUN
舞台監督 河村都(CQ
制作 長澤慶太 山根千明
宣伝美術 KODAMA satoshi
宣伝映像 西垣匡基(ヨーロッパ企画
音楽協力 Public on the mountain
写真撮影 山口真由子

 京都造形芸術大学で同級生だったという松木萌と花本ゆか(KIKIKIKIKIKI)の2人のダンサーによるプロデュースユニット「はなもとゆか×マツキモエ」による初めての東京単独公演である。
きたまりの率いるKIKIKIKIKIKIにダンサーとして参加している花本ゆかは大学在学中からよく知っているが、ダンサーとしては珍しいぽっちゃり型の体型やそうであるにも関わらず幼少の頃からのバレエなどで鍛えられていることで柔軟性がありよく動く身体を持つなどきわめてユニークな個性を持っている。そうした花本特有のの魅力はこのユニットでもよく発揮され魅力のひとつにはなっているが、個性的なダンサーの特性が全面展開されるようなKIKIKIKIKIKIと比べると構成 ・演出を松木萌が担当していることもあってかかなりダンスとしての方向性が異なる。
 特に「WORM HOLE ワームホール」という作品では一種の宇宙論のようなものが展開されるのだが、マーラーの交響楽全作品を連続上演している最近のKIKIKIKIKIKIのように壮大なイメージが展開されるというわけではなくて、
クラシック曲に交じって劇中には西野カナPerfumeの楽曲に合わせて展開される場面も挿入されるなどきわめて日常的なイメージと隣り合わせなのが、今風のダンス作品といえるかもしれない。