下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

横浜ダンスコレクションコンペティションI(2日目最終日)

横浜ダンスコレクションコンペティションI(2日目最終日)

チェ・ミンソン / カン・ジンアン『Complement』
水中めがね∞『絶滅危惧種~繁殖部屋にて~』
大石 裕香『ウロボロス
イー・ギョング『A broom stuck in a corner』
四戸 賢治『K(-A-)O』

ファイナリスト(五十音順、年齢=2017年7月17日応募締切時点、出身地)                                 
振付家名 年齢 出身地 作品タイトル
大石 裕香 33 大阪府 ウロボロス
北尾 亘 30 兵庫県 2020
四戸 賢治 27 岩手県 K(-A-)O
水中めがね∞ 25 東京都 絶滅危惧種~繁殖部屋にて~
田村 興一郎 24 新潟県 F/BRIDGE
タリノフ ダンス カンパニー   34 茨城県 フィクション
Choi Minsun/Kang Jinan 34/35   ソウル市(韓国) Complement
Kim Seo Youn 32 ソウル市(韓国) Selfish Answer
Lee Kyung-Gu 25 テグ市(韓国) A broom stuck in a corner
Michael Barry Arbas Que 24 セブ市(フィリピン)   NEGATIVES TO POSITIVE

□審査員(五十音順)
岡見さえ(舞踊評論家)チェン・ミンスン
近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー)
多田淳之介(東京デスロック主宰・富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員
ティエリー・ベイル(在日フランス大使館文化担当官)
矢内原美邦ニブロール主宰・振付家・演出家・戯曲作家・近畿大学准教授)

 田村興一郎が若手振付家のための在日フランス大使館賞とシビウ国際演劇祭賞をダブル受賞。これは大いにめでたいことだし、彼にとっては大きなチャンスとなる契機となりそうなので、これはおおいに喜ぶべきことではあるのだけれど、 韓国人ファイナリストのうち、奨励賞のイー・ギョング、ベストダンサー賞のキム・ソヨンは順当だといえなくもないが、仰天したのはグランプリに当たる審査員賞にチェ・ミンソン / カン・ジンアンが入ったこと。これが審査員賞というのはありえないだろう。どう考えても田村興一郎がこれも取るに決まっていると思っていたので「嘘でしょ」と叫ぶ結果になった。トヨタコレオグラフィーアワードでは私の予想はだいたいその通りになったのだが、横浜ダンスコレクションの前身である横浜ソロ&デュオではことごとく予想と結果が異なり唖然とすることが多かった。今回はまさか違わないだろうと思っていたもののやはりまさかな結果である。
 まさかの結果と言えば今回からベストダンサー賞というのが急きょ作られたのだが、確かにいいダンサーだったキム・ソヨンがこれを受賞するのにいっさい異論がなかったのだが、北尾亘がベストダンサー賞という結果には思わず虚をつかれた。確かにダンサーとして頑張ってはいたので彼にとっては喜ばしい結果だったと思う。
 若手振付家の方も私の予想は完全に外れた。やはり、根本的に評価基準が違うかなとも思った。賞からは漏れてしまったが、タッチポイントアートファンデーション賞 に私のイチオシだった今枝星菜が選ばれたのは彼女のために喜びたい。   

審査員賞  チェ・ミンソン / カン・ジンアン
奨励賞 イー・ギョング
ベストダンサー賞 キム・ソヨン
ベストダンサー賞  北尾亘
若手振付家のための在日フランス大使館賞 田村興一郎
MSDANZA賞 キム・ソヨン
M1コンタクトフェスティバル賞 四戸賢治

シビウ国際演劇祭賞 田村興一郎
タッチポイントアートファンデーション賞 今枝星菜
最優秀新人賞 永野百合子
奨励賞 高瑞貴
ベストダンサー賞 小林利那