下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

「ポストゼロ年代演劇の新潮流① チェルフィッチュと身体 ゲスト山縣太一」@SCOOL セミネールin東京vol.4

「ポストゼロ年代演劇の新潮流① チェルフィッチュと身体 ゲスト山縣太一」@SCOOL セミネールin東京vol.4

 前売り完売。当日券若干枚出しますが、立ち見になる可能性があります。
【日時】2018年5月29日(火)p.m.7:30~
【ゲスト】山縣太一(オフィスマウンテン)
【場所】三鷹SCOOLにて (JR中央線三鷹駅南口・中央通り直進3分 右手にある「おもちゃのふぢや」ビル5階)
【料金】前売:2000円(前売り完売)
当日:2500円 (+1drinkオーダー) 当日の有無は追って掲載。
f:id:simokitazawa:20170712232019j:plain
 2010年代が終わりを告げる時期が近づいてきたが、演劇においては平田オリザの現代口語演劇、群像会話劇のくびきを離れ、後に私が「ポストゼロ年代演劇」と総称することになった若手の作家群の先駆けとなったのがチェルフィッチュ岡田利規)だった。チェルフィッチュにはちょうど10年前に大阪で開催した「チェルフィッチュという現代」を嚆矢に数度のレクチャーを行ったが、これまで論じたのは主として作家・演出家である岡田利規と彼が生み出した作劇・演出の方法論についてであった。
 一方で初期のチェルフィッチュには怪優、山縣太一をはじめとして個性豊かな俳優陣がおり、身体的なノイズを多用するようなそのユニークな身体論は彼ら俳優との共同作業から生み出されたものだった。今年は岡田利規がKAATで若い俳優を集め、その代表作「三月の5日間」のリクリエーション版の上演を行ったが、それと呼応するかのように初演のオリジナルキャストの山縣太一演出による「三月の5日間」も上演された。今回は山縣をゲストに迎え、初期チェルフィッチュにおいて俳優はどのような役割を果たしていたのか、あるいはチェルフィッチュから離れ、オフィスマウンテンを設立した山縣が追求し続けていることは何かについても考えてみることにしたい。

【予約・お問い合わせ】
●メール simokita123@gmail.com (中西)まで お名前 人数 お客様のE-MAIL お客様のTELをご記入のうえ、 上記アドレスまでお申し込み下さい。ツイッター(@simokitazawa)での予約も受け付けます。
電話での問い合わせ
090-1020-8504 中西まで。

chelfitsch Theater Company: Five Days in March


チェルフィッチュ「三月の5日間」熊本公演 2011年12月9〜11日

【特報】チェルフィッチュ「三月の5日間」ドキュメンタリー制作決定
simokitazawa.hatenablog.com
d.hatena.ne.jp
チェルフィッチュ「ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶」 – ワンダーランド wonderland