下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

高橋萌登 単独ソロ公演「未来永劫彼方より」@こまばアゴラ劇場

高橋萌登 単独ソロ公演「未来永劫彼方より」@こまばアゴラ劇場

2018年5月30日(水)~6月3日(日)
東京都 こまばアゴラ劇場

構成・振付・出演:高橋萌

KENTARO!!が率いるダンスカンパニー「東京 ELECTROCK STAIRS」の主要メンバーである高橋萌登によるソロ公演。
 東京 ELECTROCK STAIRSでは個々のメンバーの個人による個別の活動が盛んになってきているが、これもそうしたもののひとつである。
 舞台の最後の方に出てくる歌詞付きの曲こそ、師匠のKENTARO!!の提供曲を高橋が歌ったものではあるが、それ以外の劇中曲は全て高橋が自分で作曲・制作した楽曲であり、いままで以上に作品のどこを切っても高橋萌登ワールドという彼女ならでは世界観が濃厚に示されたものとなった。

高橋萌登『未来永劫彼方より』Trailer
 前半はどちらかというと抑制された静かな動きの中で、インストゥメンタルの音楽と照明効果により空間を構成していくような構成。物語りも舞台設定の具象性もいっさいなく、どちらかというともすれば重いなりかねない、シーンのつなぎだが、高橋の小動物を思わせるようなコミカルなキャラと動きがそうなることをふせぎ独特の軽味を作品に付け加えている。