下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018@NHKホール

初音ミク×鼓童 スペシャルライブ2018@NHKホール

M-00 Opening/鼓童
M-01 みんなみっくみくにしてあげる♪/初音ミク
M-02 ラズベリーモンスター/初音ミク

Hatsune Miku - Raspberry*Monster「Magical Mirai 2016」

M-03 ヒビカセ/初音ミク
M-04 ビバハピ/初音ミク

M-05 ロキ/鏡音リン 鏡音レン
M-06 いーあるふぁんくらぶ/鏡音リン 鏡音レン
M-07 三宅/鼓童
M-08 南部牛追い歌/鼓童 初音ミク
M-09 独りんぼエンヴィー/初音ミク
M-10 結ンデ開イテ羅刹ト骸/初音ミク
M-11 ワールズエンドダンスホール/巡音ルカ 初音ミク
M-12 ルカルカ★ナイトフィーバー/巡音ルカ
M-13 能管+平胴/鼓童
M-14 巴/鼓童
M-15 巡/鼓童
M-16 初音ミクの激唱/初音ミク
M-17 8HIT/鏡音リン 鏡音レン
M-18 リモコン/鏡音リン 鏡音レン
M-19 ワールドイズマイン/初音ミク
M-20 Tell Your World/初音ミク
MC
「アンコールは・・・ん~・・・あるかもね?」
M-21 ハジメテノオト/初音ミク

アンコール 「ミク」からの「ミク・こどう」
M-22 Satisfaction/初音ミク
M-23 千本桜/初音ミク
M-24 桜の雨/初音ミク
M-25 メルト/初音ミク 

初音ミク×鼓童」は昨年に続き2回目。昨年第1回*1を見て鼓童による和太鼓の生演奏と初音ミクのライブが予想以上にマッチングがいいということに気づかされて感心したが、よりスムーズな融合ぶり見ることができた。
昨年ともに和楽器とのコラボを試みて、2020年東京五輪開会式に向けてワンチャンスを狙っているという意味でももクロ初音ミクはライバルだと書いたが、式のメインの演出部分についてはMIKIKO+ライゾマティクスリサーチが携わるのはほぼ固まっているのではないか。そうなるとともにメディアアートでありライゾマ的なものとの親和性の強い初音ミクには一日の長があるのかもしれない。