下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

MomocloMania2018 –Road to 2020-DAY1@千葉県・ZOZOマリンスタジアム

MomocloMania2018 –Road to 2020-DAY1@千葉県・ZOZOマリンスタジアム

<DAY1>2018年8月4日(土)
<DAY2>2018年8月5日(日)
両日共通:open 14:30 / start 17:00 / (20:30終演予定)
※雨天決行・荒天中止
※当日の公演内容によって終演時間が前後する場合がございます。

ももクロ恒例の夏ライブ。今年は昨年に引き続き「Road to 2020」と2020年に開催される東京五輪に向けてアイドルとスポーツの融合がテーマとなった。
 昨年は五輪におけるメジャー種目である陸上競技が中心的モチーフであったのに対して、今年はハーフマラソンは実施されたもののメインはスケートボード、BMXなど新たに五輪種目に追加された新種目の紹介をしようというのがひとつのテーマ。新種目の中では比較的メジャーなスケートボードはともかくとしてBMXのパークなどは私も初めて競技者のテクニックを目の当たりにしたがちょうどスキーのエアリアルモーグルのようにアクロバティックなところもあり、冬季五輪でスノーボード平野歩夢が脚光を浴びたようにもしメダリストでも出れば人気が出るのではないか。
 ウィルチェアー(車いすラグビーも紹介されたのだが、ライブからそれほどたってない日に世界選手権で優勝した。初優勝の快挙だが、五輪金メダル候補といってたのを「どうせまた」と聞いていたのごめんなさい。けっして誇張ではなかったんですね。
 ライブのセットリストは下記のようだが、「ワニとシャンプー」「ココナツ」などの夏ライブ定番曲に加えて、4人verがまだ発表されていなかった「愛を継ぐもの」「ROCK THE BOAT」「デモンストレーション」など比較的新しめの楽曲が目立った。
 特に「ROCK THE BOAT」 を椅子を使ったショウ成分多めの大人の振付で披露したこともあり、今ライブの白眉といってもよかったかもしれない。この曲は「揺らしちゃう」というセリフ部分を担当していることでもともと玉井詩織の曲という印象は
強かったが今回のセンターポジションで椅子に座って始まる冒頭からして代表的な「詩織曲」となったといってもいいだろう。
 もうひとつがニューヨークヤンキースの田中将投手の登場曲として制作された楽曲群で昨年惜しくもワールドシリーズ出場がならなかったまーくんの心情をファンキー加藤が盛り込んだ最新曲の「吼えろ」をはじめ泣ける歌は数多いのだが、ハーフマラソンのスタート直後に歌い始めた「Get Z Go!!!!」などランナーへの応援歌に聞こえた*1


セットリストを確認して書き写そうと思ったのだが、twitterに載せていた人がいたので、転載することにした(転載まずいということであれば連絡してください)。

*1:これで思い出したのだが、大阪国際女子マラソンの最後の勝負どころで流れるテーマ曲を30年近く毎年アルフィーが提供していたのが今年1月が最後になった。この後釜もし決まってなかったらももクロにもらえないかしら