下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

「US/THEM わたしたちと彼ら」と「踊るよ鳥ト少し短く」 

「US/THEM わたしたちと彼ら」と「踊るよ鳥ト少し短く」

作:カーリー・ヴェイス
翻訳:小田島恒志・小田島則子 
演出:スズキ拓朗(チャイロイプリン)

AddThis Sharing Buttons
Share to FacebookShare to Twitter


CAST

尾身美詞(青年座)
野坂 弘


作品概要

「US/THEM」わたしたちと彼ら

2004年9月1日にベスラン第一学校で起きた占拠事件をモチーフにした作品。

2004年9月1日から3日にかけてロシアの北オセチア共和国ベスラン市のベスラン第一学校でチェチェン共和国独立派を中心とする多国籍の武装集団による占拠事件。

7歳から18歳の少年少女とその保護者1181人が人質となり、3日間の膠着状態ののち、9月3日に犯人グループと治安部隊との間で突然銃撃戦になり、386人以上が死亡、負傷者700人以上という大惨事となった。

「US/THEM」は2017年2月にイギリスのナショナルシアターで上演された作品です。

少女と少年。二人はチョークで描き始める。学校の形や彼らが住む町のことを語りながら。
そしてある日のことを振り返る。2004年9月1日。その日、テロリストがやって来て、彼らの町の学校を襲撃したのだ。
やがて少女と少年は、その瞬間のこと、人質となった3日間の極限状態を走り回ったり飛び回ったりして再現していく。


「踊るよ鳥ト少し短く」 
作:ノゾエ征爾(はえぎわ)
演出:山田佳奈(□字ック)

CAST 占部房子
政岡泰志(動物電気)


作品概要

「踊るよ鳥ト少し短く」 

ひょんなことから地上2メートル50センチほどの所にある扇風機に、髪の毛を絡みとられ身動きのとれなくなった女性と、ひょんなことから偶然通りがかった男性とが織りなす、滑稽かつ不気味に展開する物語です。

2012年に「◯◯トアル風景」で岸田國士戯曲賞を受賞したノゾエ征爾さんの本戯曲は、人間のデリケートな内面をシュールな笑いと絶妙なリアルさを交えて描く秀作です。
2011年アゴラ劇場で上演した「鳥ト踊る」をショートバージョンに改訂。
スタッフ

美術:袴田長武+鴉屋 照明:阿部康子 音響:泉田雄太 映像:青山健一
舞台監督:中西隆雄 演出助手:城田美樹 Web制作:木村友彦 制作デスク:津吹由美子 制作:三國谷 花
ライセンス・コーディネート:株式会社シアターライツ

主催:(有)オフィスコットーネ

協力:岡村本舗/小野事務所/krei/青年座/チャイロイプリン/動物電気/はえぎわ/舞台美術研究工房六尺堂/舞プロモーション/□字ック(50音順)

 オフィスコットーネの2本立て公演。いずれも男女の2人芝居だが、演劇としては全く異なるスタンドだ。