下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT「ありがとう&さよなら 木曜ヒットスタジオ」@フジテレビNEXT

坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT「ありがとう&さよなら 木曜ヒットスタジオ」@フジテレビNEXT

セットリスト

オープニング:Do You Wanna Dance? (HEAVEN/ザ・ビーチ・ボーイズ)
M01:WE ARE BORN (百田夏菜子ももクロ)
M02:仏桑花 (玉井詩織ももクロ)
M03:青春賦 (佐々木彩夏ももクロ)
M04:希望の向こうへ (高城れにももクロ)
M05:シンデレラは眠れない (坂崎幸之助THE ALFEE)
M06:YAH YAH YAH (CHAGE&あーりん/CHAGEASKA)
M07:BURNING FESTIVAL (TEAM SHACHI×ブラス民/チームしゃちほこ×RADIO FISH)
M08:星空のディスタンス (VOJA-tension/THE ALFEE)
M09:古い日記 (ももクロ和田アキ子和田アキ子)
M10:どしゃぶりの雨の中で (和田アキ子&VOJA-tension/和田アキ子)
M11:Rose Fighters (TEAM SHACHI&VOJA-tension/TEAM SHACHI)
M12:ふたりの愛ランド (CHAGE&あーりん/石川優子チャゲ)
M13:ボヘミアン (CHAGE夏菜子/葛城ユキ)
M14:NとLの野球帽 (CHAGE&しおりん/CHAGEASKA)
M15:月が言い訳をしてる (CHAGE&村長&れに/MULTI MAX)
M16:STAR LIGHT (CHAGEももクロ光GENJI)
M17:告白 (CHAGE&いづみ/CHAGE and ASKA)
M18:万里の河 (CHAGE&村長/CHAGE and ASKA)
M19:ぼくがつくった愛のうた (CHAGE&村長/チューリップ)
M20:ザ・ゴールデン・ヒストリー (ももクロももクロ)
M21:オレンジノート (ももクロ&VOJA-tension/ももクロ)
M22:ジョイフルジョイフル (ももクロCHAGE&&VOJA-tension&TEAM SHACHI/讃美歌)
M22:東へ西へ (村長&CHAGE井上陽水)

今回のももいろフォーク村でもっとも気になったのは「ありがとう&さよなら 木曜ヒットスタジオ」の表題である。何に対して「ありがとう&さよなら」なのか。この番組に関する来年のスケジュールがいっさい出ていないことから、今年いっぱいで番組が終わるのではないかという心配の声が一部モノノフから出ていたわけだが、これについては結局何も新たな情報は出てこず仕舞いだった*1
 番組は坂崎幸之助玉井詩織のMCで「夜のヒットスタジオ」のフォーマットの通りに進行。ただ、最初のメドレーの部分で本来は次に登場する他人の歌を歌って引き継いでいくのが、それぞれ自分の歌を披露しながらメドレーでつないでいく構成となった。
 メドレーにはもうひとつ意味があって「オープニング」の:Do You Wanna Dance? (HEAVEN/ザ・ビーチ・ボーイズ)」から続くソロでの披露が続く4曲はミュージカルのなかでそれぞれメインあるいはソロで歌っていた曲目。

M01:WE ARE BORN (百田夏菜子ももクロ)
M02:仏桑花 (玉井詩織ももクロ)
M03:青春賦 (佐々木彩夏ももクロ)
M04:希望の向こうへ (高城れにももクロ)

 それぞれミュージカルの上演期間に毎日のように歌っていたものだけに完全にソロでの歌唱が板についていて、安定感は抜群だ。 
この回は和田アキ子CHAGEと大物ゲスト2人が参加。どちらも「夜のヒットスタジオ」には豊富な出演経験があり、そういうこともあっての「木曜ヒットスタジオ」だったのかもしれない。和田アキ子はこれまでもももクロと折に触れ、共演をしてくれて好感を持ってくれてはいたはずだが、これまでのコラボ相手はほぼ有安杏果で、ももクロというよりは杏果のいるももクロにという感じはあった。杏果卒業後に共演するのは初めてで、点と点を線にしてつないでいくももクロ陣営としては今年はまだ紅白に微妙に未練があり無理かもしれないけれど、将来的なももいろ歌合戦出演者候補としてあまり間隔が開き過ぎないうちにつないでおく必要があったのではないか。
 杏果のこともあったせいか、和田アキ子芸能50周年ライブにはももクロは不参加だったこともあり、ここで個別に50周年を祝うことができたのはももクロにとっても貴重な機会だったと思う*2
CHAGEは今年の黒フェスに出演していたから、そこできくちPが1本釣りしたのではないかと思われるのだが、その時は松崎しげると「YAH YAH YAH」1曲だけを歌ったのだが、今回はなんとももクロ全員とひとりづつ共演したうえに終了後のはみだしフォーク村までとがっつり参加となった。
  これまで数えるほどしか接点はなかったはずなのだが、FNS歌謡祭で「ふたりの愛ランド」を共演した時にももクロ陣営が勝手に作ったダンスの振付を気に入ってくれて、自分のライブでも踊りながら歌っているらしいと分かり驚いた。この日の光GENJIの「STAR LIGHT」を一緒に踊ったがこれも楽しそうで、こちらもももいろ歌合戦まであと少しなのかもしれない。ただ、CHAGEももクロが一緒に歌ったデュエットではキー的にかなり苦しいのかなという風にも思った。
 「ふたりの愛ランド 」ではあーりんのキーに合わせたためかCHAGEがかなり苦しそうであったし、「月が言い訳をしてる」では逆にれにちゃんがキー的に苦しくコモってしまうようになってしまっていた。これはどっちもどっちでCHAGEでさえ、苦しくなってしまうのだからこれでももクロは下手だなどと言われても困ってしまうのだが、disる人が出てきそうな感じではある。そんな中でCHAGE玉井詩織のギターの連弾で披露された「NとLの野球帽」はよかった。
 ただ、この日の白眉はコーラスグループであるVOJA-tensionと完全アカペラで歌った「オレンジノート 」であろう。この曲を聴けば現在のももクロにかなりの歌唱力があるのは一目瞭然で分かるし、アンチを沈黙させるのに十分な出来栄えだった。「オレンジノート」といえばモノノフの間では東京タワー下でのライブでPAの音が出なくなってしまった後も歌い続けたことでも知られるが、歌自体の完成度にはあの頃と今では格段の進歩があるのがこのアカペラ版で比較してみると歴然と分かる。特に高城れにの安定ぶりは驚くべきものがあった。このアカペラシリーズは「オレンジノート」だけでなく、いろんな曲でやってほしいと思った。

*1:番組スタッフのO氏のツイッターによれば来年上期までは継続が決定済みということだった

*2:モノノフの中には和田アキ子のことを毛嫌いしている人もいるようだが、何かあった時にこういう人が味方してくれるのは大きな力になるはずだ