下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

笑の内閣「そこまで言わんでモリエール」(4回目)@こまばアゴラ劇場

笑の内閣「そこまで言わんでモリエール」(4回目)@こまばアゴラ劇場

作・演出:高間響



時事ネタ劇団として現代を風刺してきた笑の内閣が、
風刺そのものを風刺するため古典に進出。
挑戦するは、風刺喜劇の大先輩モリエール
W杯も優勝し、2018年はフランスの年だ!!

1665年12月15日
モリエールの率いる劇団は、かねてから目をかけていた若手劇作家ジャン・ラシーヌの悲劇作品である『アレキサンダー大王』の5回目の上演を終えていた。4回目の公演までは大好評であったにも関わらず、この日は不入りで不思議に思っていた一同に、ライバル劇団のブルゴーニュ座が18日から同じ作品を上演するという衝撃的な情報が入る。ラシーヌは、喜劇は得意だが悲劇が苦手なモリエール劇団の演技に納得できず、悲劇が得意なブルゴーニュ座に作品を持ち込んでいたのだ。上演最中にライバル劇団に持ち込み、経営に打撃を与えるなど、信義に悖る上契約違反。それどころかラシーヌは、モリエール劇団で唯一気に入った看板女優マルキーズ・デュパルクの引き抜きまで画策していた。育てた恩を仇で返したラシーヌに落とし前をつけさせるため、呼び出すモリエール
2人の長い夜がはじまる。

出演 髭だるマン(爆劇戦線⚡和田謙二) 高瀬川すてら アパ太郎 熊谷みずほ しらとりまな(てまり)
上原日呂(月曜劇団) 土肥希理子 由良真介 BANRI(Sword Works) 岡本昇也  山下ダニエル弘之 亮介(株式会社イリアモデルエージェンシー) 澤田誠

スタッフ

助演出:河井朗(ルサンチカ)
照明:真田貴吉
音響:島崎健史(ドキドキぼーいず)
舞台美術:竹内良亮
舞台美術助手:岩崎靖史
小道具:小原藍(睡眠時間)
舞台監督:稲荷(十中連合)
制作:合同会社Sword Works
宣伝美術・スチール:脇田友
映像撮影:竹崎博人(Flat Box)
サポートスタッフ:諸江翔太朗(ARCHIVES PAY)/義村夏樹(劇団抜きにくい釘)

 
 フランス古典演劇の3大巨匠として知られるモリエール。その作品をずっと以前に戯曲として読んだことはあるが、実際の上演を目にする機会はこれまでほとんどなく、伝記的事実についてもシェイクスピアのそれのように詳しい資料を目にするということもなかった。笑の内閣「そこまで言わんでモリエール」は今の小劇場演劇に対する自虐的なコメディーとも受け取ることが出来て、そういうものとして楽しむこともできるが、アフタートークに呼ばれた当代の日本のモリエール研究の第一人者らによれば観客が思う以上に実際の史実に忠実でもあるらしく、それゆえモリエールをはじめとするこの評伝劇に登場する多士済々の人物たちにもすっかり興味を持った。
 特に本作でラシーヌと結託してモリエールを裏切ることになる女優、マルキーズ・デュパルクについてはソフィー・マルソー主演で「女優マルキーズ」という

Marquise Trailer
映画が製作されており、その存在は知っていたがこれまで見たことがなかったのが、今回の舞台で興味を持ち、さっそく中古DVDをamazonで手に入れることにした。
(以下映画を見たら続きを書く予定)