下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

横浜ダンスコレクション・コンペティションII(2日目)新人振付家部門@横浜にぎわい座 のげシャーレ

横浜ダンスコレクション・コンペティションII(2日目)新人振付家部門@横浜にぎわい座 のげシャーレ



大森瑤子『三角コーナーに星がふる』
神田初音ファレル『社会の窓
藤本茂寿『off body』
古澤美樹『あたしら、ほんとはあたしなの』
本城祐哉『react』
横山八枝子『silence』


振付家としての活動を目指す25歳以下の新人アーティスト38名から映像・書類審査を経て、選ばれたファイナリストによる作品上演

■ファイナリスト(五十音順、年齢=2018年7月20日応募締切時点)                                       
振付家名 年齢 出身地 作品タイトル
青柳 万智子 21     東京都 うたかた
荒俣 夏美 24 千葉県 春が落ちてきた
大森 瑶子 22 神奈川県     三角コーナーに星がふる
甲斐 ひろな 23 東京都 プリティ・ヴェイカント
神田 初音ファレル     23 静岡県 社会の窓
Nishi Junnosuke 24 鹿児島県 隣人の
藤本 茂寿 24 福岡県 off body
古澤 美樹 22 神奈川県 あたしら、ほんとはあたしなの
古薮 直樹 21 兵庫県 !-Exclamation point
本城 祐哉 21 兵庫県 react
三田 真央 24 埼玉県 reincarnation
横山 八枝子 24 東京都 silence

□審査員(五十音順)
伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団主宰・振付家・演出家・ダンサー)
ヴィヴィアン佐藤(美術家)
柴幸男(ままごと主宰・劇作家・演出家)
浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委


  2日目観劇。この日気になったのが古薮直樹の「!-Exclamation point」。男女2人(古薮直樹・久保田舞)のデュオだが、振り付けも担当している古薮はコンテンポラリーダンスの男性ダンサーとは思えないぐらい端正な容姿で、将来性を感じた。この日見た作品の中で一番惹き付けられたが、ダンスの振付そのものがどれだけ卓越していたかを考えると、もう少しここしかないように感じられる特徴を持つことが必要かもしれない。
 逆に動きとコンセプトという2つの点で卓越していたのが大森瑤子の「三角コーナーに星がふる」。kawaiiカルチャーといえばアニメ、漫画、アイドルなどと並び、海外での現代日本のイメージを代表するアイコンのひとつだがこれまで意図的にそういう要素を主題とした作品はあまりなかったのではないか。
 日本女子体育大学在学中の22歳で、クラシックバレエ畑で育ってきたダンサーらしいから単純にバレエ的な動きになってもおかしくないところが、人形ぶりやロボットマイムのような動きを取り入れながら、そうした動きを分解、再構築していくようなムーブメントにも独自性を感じたし、それが「ジェニーはご機嫌ななめ」(やくしまるえつこ版)
などの音楽と組み合わさるのが面白い効果を生み出していた。、