下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

オフィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が摑む」(2回目)@下北沢・シアター711

フィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾

第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が摑む」(2回目)@下北沢・シアター711

f:id:simokitazawa:20190204154125j:plain

作:大竹野正典
演出:詩森ろば
プロデューサー:綿貫 凜

2019年2月2日(土)~12日(火)下北沢・シアター711

前売りチケット発売中
AddThis Sharing Buttons
Share to Facebook
Share to Twitter
誰もが人恋しい“夕間暮れ" “夜"に備えての防衛本能 “夜"に摑まれる。
フィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が摑む」
フィスコットーネプロデュース 大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 第29回下北沢演劇祭参加作品「夜が摑む」
CAST

山田百次・有薗芳記町田マリー・柿丸美智恵・杉木隆幸・異儀田夏葉・西澤香夏・塩野谷正幸

事件概要
ピアノ騒音殺人事件*1

1974年8月28日、神奈川県平塚市の県営団地で、子供2人を含む一家3人が刺殺されるという事件が起きた。3日後、逮捕されたのは一家の上の階に住む無職・大浜松三(当時46歳)だった。階下から聞こえてくる子供のピアノの音に悩まされての犯行だった。

 山田百次という俳優は弘前劇場に新人として入ってきた20年前から知っているが、今回のオフィスコットーネプロデュース「夜が掴む」は舞台俳優としての彼の代表作となったといえるのではないか。

大竹野正典没後10年記念公演 第2弾 オフィスコットーネ「夜が摑む」 宣伝動画
団地の一室に引き篭もるコスギという男が主人公でこれを山田百次が演じている。この男は娘がピアノを弾いている階下の部屋に押し入り、そこの家族3人を殺害してしまうというのが実際に起きた「ピアノ騒音殺人事件」だが、この作品は事件を下敷きにしてるとはいえ、ノンフィクション演劇というわけではなく、事件に材を取りながらも表題にもなったつげ義春「夜が掴む」、同じくつげの「ねじ式」のメメクラゲ宮沢賢治「ボラーノの広場」、別役実の小説に出てくるというどこにもない自分の家を探すセールスマンなど各所から取った不条理なイメージを交錯させ大竹野正典ワールドとしかいいようのない世界を展開している。

つげ義春コレクション ねじ式/夜が掴む (ちくま文庫)

つげ義春コレクション ねじ式/夜が掴む (ちくま文庫)

*1:

狂気―ピアノ殺人事件 (文春文庫 (248‐3))

狂気―ピアノ殺人事件 (文春文庫 (248‐3))