下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

平田オリザ・演劇展vol.6 青年団『忠臣蔵・OL編』Aチーム(1回目)@こまばアゴラ劇場

平田オリザ・演劇展vol.6 青年団忠臣蔵・OL編』Aチーム(1回目)@こまばアゴラ劇場

忠臣蔵・OL編』※A〜Cの3通りのチームで上演します。
【A】天明留理子 村田牧子 鈴木智香子 長野 海 中村真生 西山真来 立蔵葉子
【B】森内美由紀 黒木絵美花 石橋亜希子 田原礼子 川隅奈保子 永山由里恵 岩井由紀子
【C】松田弘子 村田牧子 村井まどか 本田けい 申 瑞季 南波 圭 立蔵葉子


「だからさ、こう討ち入り目指してく過程で、だんだん武士道的になっていけばいいんじゃないの、みんなが。」
平和ボケした赤穂浪士たちのもとに、突如届いたお家取り潰しの知らせ。
その時、彼らは何を思い、どのように決断したのか?
私たちに最も馴染み深い忠義話の討ち入り決断を、日本人の意思決定の過程から描いた、アウトローな『忠臣蔵』2バージョン。
*上演時間: 各約60分

 天明留理子が大石内蔵助を演じるAチームの観劇1回目。松田弘子によるCチームを先に見たが、松田は割腹もよくいかにもリーダー然としたイメージなのに対し、部下の話をよく聞き、自然な形で話の流れを導いていく。同じ脚本でも演じる俳優のキャラクターで見え方が変ってくるのが面白い。
 女性の政治家に準えてみると松田大石は社会党党首を務めた土井たか子のような馬力タイプに見えるのに対し、天明留理子はもう少し物腰が柔らかい新時代の政治家*1であろうか。最初は全部制覇したいなどという気持ちはなかったが、こうなると森内美由紀演じるBチームの舞台も見たくなってきた。

*1:残念ながら彼女らは一長一短があって具体的に誰というのはあったとしても言いにくい