下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

ヌトミック「お気に召すまま」の関連企画 Aokid presents シェイクスピア(?)@こまばアゴラ劇場

ヌトミック「お気に召すまま」の関連企画 Aokid presents シェイクスピア(?)@こまばアゴラ劇場

今作の振付を担当するAokidによるパフォーマンス・イベント。

  
 この日のアゴラ劇場は本当にカオス状態。Aokidの演出、ヌトミックの額田大志の演奏での即興演劇に出演者である松田弘子(青年団)とたまたま見に来ていた木野花が加わるなんて、私は何を見せられているんだろうという奇跡的瞬間だった。
 前半では普通は入れない場所に観客を案内してのバックステージツアー的な企画や舞台美術、照明などのスタッフワークの紹介。その後、シェイクスピアロミオとジュリエット」のバルコニーシーンを自己流に解釈した歌やドラマトゥルクであるが語る「お気に召すまま」のあらすじに合わせて、あてぶりのように演じてみせるミニパフォーマンスを演じた。
 休憩を挟んで、後半はAokidがこの日会場に来た観客を巻き込んで、ヌトミック「お気に召すまま」に振り付けた振付を取り入れながら、その場で皆で踊ったり、歌詞を皆で考えて、Aokidの指示で額田大志がその場でつけたメロディーに合わせて皆で合唱したりして作り上げたいったものを演じていく。
 先に書いたようにこの日の参加者には松田弘子、 古谷隆太ら出演者や見に来ていた青年団の関係者、さらには見に来ていた女優の木野花
演劇制作者らも加わるちょっとした豪華メンバー。
 年寄りの繰り言と聞き逃していたほしいが木野花といえば劇団青い鳥の創設メンバーのひとりで、青い鳥といえば日本の現代演劇に集団創作を取り入れた劇団のきわめて初期の事例として有名。私が木野花を知った時には青い鳥*1は退団していたので、木野花らが集団で作った実際の舞台を見たわけではなかったが、彼女が松田と並んで楽しそうに踊っているのを見たらおおげさな言い方だが、日本演劇の歴史に立ち会っているような気にさせられたのである。

*1:青い鳥の舞台はいくつも観劇している