下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

「社会派作家/演出家までの道のり-シライケイタ氏を迎えて-」

「社会派作家/演出家までの道のり-シライケイタ氏を迎えて-」

f:id:simokitazawa:20190519185817j:plain

◾日時:2019年5月19日(日)、18時スタート 

◾場所:座・高円寺 地下3階 けいこ場2
◾ゲスト:シライケイタ(俳優・演出家・劇作家/劇団温泉ドラゴン)
◾聞き手:山本健一演劇評論家・国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会長)
◾主催:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター/シアターアーツ
◾協力:座・高円寺
◾受講料:500円(当日お支払い、予約不要)
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会員=無料
学生=無料(要学生証提示)

社会的なテーマを持つ作品を創作しているシライケイタ氏。
俳優として出発した氏は、やがて劇作と演出を手がけて劇団温泉ドラゴンを率い、
さらに韓国演劇と出会ったことでアジアの歴史問題にも目を注ぐようになりました。
しだいに活動の幅を広げ、現在の創作スタンスを確立するまでに至りました。
代表舞台である若松プロダクション『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』と
流山児★事務所『満州戦線』の原作から舞台をどう立ち上げていったか、
シライ氏の演出作法をお聞きします。

本講座終了後に温泉ドラゴンの公演が予定されています。
温泉ドラゴン 第13回公演『渡りきらぬ橋』
​2019年6月21日~30日 座・高円寺1<< 


作者の創作歴を俯瞰的に振り替えるのではなく、舞台版の「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」に絞りこんだレクチャー。