下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

いぎなり東北産(様)×桜エビ~ず~仲良くなんてできないよ!@ZEPPDiverCity

いぎなり東北産(様)×桜エビ~ず~仲良くなんてできないよ!@ZEPPDiverCity

スターダストプロモーション仙台営業所所属のいぎなり東北産と私立恵比寿中学の妹分である桜エビ~ずのツーマンライブ。対バンライブではあるが、それほど相手をガチにつぶしにくるという感じではなかった。特にいぎなり東北産はこの日のライブではトレードマークでもある「天下一品」や枕投げで知られる「青春修学旅行」などの勝負曲を温存したまま終わっており、見る側としたら不完全燃焼の感も否めないが、これは「見たかったら8月31日の東京ワンマンライブ(TSUTAYA OーWEST)に来てくれ」ということだろうか(笑)。
 いぎなり東北産をひさしぶりに生で見て感心させられたのは以前はメンバーの中で歌唱力が突出していたので目立っていた伊達花彩と橘花怜が以前ほどは目立たなくなってきたことだ。こんな言い方をするとマイナス面の指摘のように受け取られかねないが、2人が以前より目立たないのはメインのソロパートを任せられるメンバーが増えてきたからだ。そのため、目立つソロを歌うメンバーが曲ごとに変わっていたりして、特に桜ひなの、葉月結菜の歌割りおける存在感が増してきているのではないかと感じた。
 いぎなり東北産はいろんなフックのある面白い歌があるのも特徴で、人数多いから荒削りな部分はあるけれど、とにかく勢いは感じた。