下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

演劇集団 円『アインシュタインの休日』@シアターX(カイ)

演劇集団 円アインシュタインの休日』@シアターX(カイ)

2019年6月14日(金)~23日(日)

これは、アインシュタインの登場しないアインシュタインの物語。

1922年11月17日から12月29日の43日間、アインシュタインは日本に滞在した。 大正デモクラシーの日本では相対性理論が流行し、博士はお祭り好きな日本人達に熱狂的に迎えられた。 そのニュースは日々新聞を賑わせ、知識人や学生のみならず、庶民たちの心をも魅了し活気づけたのである。 かくしてその歴史的な来訪は、東京の片隅に暮すある一家の営みに、小さな波紋を投げかけたのだった。 これは、アインシュタインの登場しないアインシュタインの物語。 時は大正11年。下町浅草を舞台に、名も無き市井の人々のユーモア溢れる明るい生き様を通して、科学と命の光と影を温かく描きます。 青☆組主宰の吉田小夏が、初めて円に書き下ろします。 オーディションで選ばれたキャストと共に創り出す意欲作。

キャスト

華岡陽子 上杉陽一
石井英明 小川剛生
岩崎正寛 吉澤宙彦
手塚祐介 玉置祐也
原田大輔 薬丸夏子
吉田久美 相馬一貴
久井正樹 野上絵理
平田舞

スタッフ
作・演出 : 吉田小夏(青☆組 主宰)
舞台美術 : 濱崎賢二(青年団
照明 : 伊藤泰行(真昼)
音響 : 泉田雄太
衣裳 : 中村里香子
舞台監督 : 今泉馨(P.P.P)
演出助手 : 大西玲子(青☆組)
制作 : 桐戸英二 狩野早紀

 1922年アインシュタインが来日した際の東京・浅草の騒ぎを背景にとあるパン店の家族とその周りの人々を描き出した群像劇。