下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

劇団山の手事情社 創立35周年記念公演 『過妄女』[かもめ](原作=チェーホフ)@下北沢ザ・スズナリ

劇団山の手事情社 創立35周年記念公演 『過妄女』[かもめ](原作=チェーホフ)@下北沢ザ・スズナリ

2019年6月21日(金)~24日(月)

『過妄女』[かもめ](原作=チェーホフ
2019年6月26日(水)~30日(日)

会場=下北沢 ザ・スズナリ

構成・演出=安田雅弘

山の手事情社は今年、創立35周年を迎えます。稽古方法をご紹介する『methods』と、戯曲作品『過妄女』(原作:チェーホフ)。短期間で演劇のウラとオモテをご覧いただけます。演劇の街・下北沢で芝居三昧のひと時はいかがでしょうか。

山の手事情社は今年、創立35周年
皆さまの温かいご支援により、昨年の「存亡の(危)機」を回避し、何とか創立35周年を迎えることができました。1984年の旗揚げ以来、《構成演劇》に始まり、《集団創作》《ハイパー・コラージュ》《四畳半》といろいろな演劇スタイルに取り組み、その間メンバーもずいぶん入れ替わりました。変わらなかったのはおそらく「演劇を深く貪欲に楽しみたい」という気持ちだけです。演劇の聖地で、また新たなスタートを切ろうと思います。

■ 稽古方法《山の手メソッド》
演技様式の試行錯誤の中で、提案・開発されてきたのが《山の手メソッド》という訓練法です。『methods』では、一般にほとんどなじみのない演劇の稽古法を、お客さまに驚いたり楽しんだりしていただく中でご紹介しようと思います。〈演劇的教養〉とは、自分の「身体」や「社会」や「世界」を映し出す鏡を俳優の中に用意することです。ご覧いただければ、舞台や映像の演技の見方が変わると思います。かつて劇団でともに活動した清水宏氏も出演!

チェーホフに初挑戦!
湖畔の田舎屋敷を舞台に、作家志望の青年と、女優を夢見る乙女を軸に、屋敷に集まる人々のさまざまな恋愛模様が描かれます。チェーホフが『かもめ』執筆の際、出版社主宛ての手紙に書いたように「5プード(およそ80キロ)の恋」、すなわちもてあますほどの恋愛が作中に散りばめられています。チェーホフの発見は、人間の行動の根底には「過剰な妄想=恋愛」が横たわっている、ということではないでしょうか。

■ 下北沢・11時開演
大学卒業後、初めて上演した『ゆるやかなトンビリラロの身だしなみ』(本多劇場)も、現代では上演されていない歌舞伎作品『狭夜衣鴛鴦剣翅[さよごろもおしどりのつるぎば]』(ザ・スズナリ)の復曲に挑んだのも下北沢でした。ほかにもたくさんの思い出が詰まったこの街、数多くの劇場があり、海外フェスのように毎日多彩な作品が上演されるこの場所に帰ってきます。今回、劇団初となる午前11時開演の回を設けます。1日に3本鑑賞も可能。贅沢です! 

構成・演出 安田雅弘


 
 山の手事情社によるチェホフは初めて見た。以前に「ヘッダー・ガブラー」などは見た記憶はあるから、歌舞伎やギリシャ悲劇など古典劇ではない西洋の近代劇の上演を同劇団で見るのは初めてというわけではないのだけれど、SCOTや地点などでの前例を考えに入れたとしても山の手事情社のような広義の「語りの演劇」とチェホフとの相性はあまりいいとは思えなかった。
 ニーナ役を演じた中川佐織がよかった。この「かもめ(ここでは過妄女)」という作品はこれまで見た舞台では女優であるアルカージナと作家トリゴーリンを中心に置いた演出と若いニーナとトレープレフに焦点を当てた上演に大別されるが、今回はニーナ、トレープレフ、マーシャだけが生きていて、残りの人物は「剥製」という極端な演出だから、もちろん、後者の類型だ。
 それゆえ、この舞台では倉品淳子がアルカージナを演じるが、ここでのアルカージナも自らも「剥製」だと安田によってテクストに付加された傍白的なセリフによっていわれる通りに剥製のような存在として演技しているため、華やかな人気女優というよりはまるで老婆かなにかであるように演じている。そして、そのことで「女優としては失敗して」旅回りを余儀なくされながらも最初の場面とは見違うような演技を行う女優ニーナを「剥製」のアルカージナとの対比によって見事に体現してみせた。
 「剥製」というイメージはピンとこない部分もあるのだけれど、従来の解釈がカモメの剥製=ニーナ、すなわち運命の敗北者に対して、最後の場面までに、つまり女優ニーナが生まれるまでに他の登場人物がまだかろうじて生きている者も一人残らず剥製=死者となって、一人女優ニーナのみが生き残るという女優誕生の物語としているのが面白い。