下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

第10回せんがわ劇場 演劇コンクール(1日目)=キュイ・世界劇団・イチニノ

第10回せんがわ劇場 演劇コンクール(1日目)

【公演スケジュール】
7月13日(土)【1日目】
13:30~14:10 キュイ(東京) 『蹂躙を蹂躙』

作:綾門 優季青年団/キュイ)
演出:得地 弘基(お布団/東京デスロック)

出演者
中田麦平(シンクロ少女)
新田佑梨(青年団
原田つむぎ(東京デスロック)

スタッフ
照明:井坂浩(青年団
音響:櫻内憧海(お布団/青年団
演出助手:穐山奈未(青年団
あらすじ
人通りの少ない道沿いの家から見知らぬ男が出て来る。様子がおかしく、言葉も不自然である。その男にはじめに話しかけた通行人は、思いきり殴られ、卒倒する。男は強く、立ち向かう者たちは全員殴られ、卒倒する。男はやがて森に入っていく。懸命に探すが、見つかる気配はない。不穏な数日間が経過した後、男は突然現れる。
15:00~15:40 世界劇団(愛媛) 『紅の魚群、海雲の風よ吹け』

作・演出:本坊 由華子

出演者
赤澤里瑛
兵頭美咲
本坊由華子
片渕高史(ハコベラ)
品部大和(星屑ロケッターズ)

スタッフ
ドラマトゥルク:髙山力造
振り付け:本坊由華子、品部大和(星屑ロケッターズ)
舞台監督:高橋克司
照明:金野俊之
音響:高橋克司
舞台美術:金野俊之
衣装:世界劇団、渡邉沙織(情熱'ダイヤモンド)
あらすじ
少女は布団にもぐった。
目を開くと、そこには紅の海が広がっていた…。
2015年に創作した野外劇「紅の魚群、目劇の地図を観ろ」をリクリエーションする。
人間の根源、社会の構造、医学の不条理を描く。
音と言葉と身体で嵐を巻き起こそう。
嵐は海を駆け抜けて、雲を晴らしてくれるだろう。

16:30~17:10 イチニノ (茨城) 『なかなおり/やりなおし』


作・演出:前島 宏一郎

出演者
梅木彩羽(イチニノ)
大図愛(オープンロード)
森裕嗣

スタッフ
照明:赤城治利(A工房)
音響:戸室健太郎
あらすじ
車はそらをとんだ。宇宙人は現れた。ひともそらをとんだ。そんな「未来」を描いた幼い頃。…現実はそんなことはないけれど。「100年後の未来のために」とか、このクソつまんない中途半端な田舎に執着した母も、よくわかんないけど。そんな私が、ちょっとだけそらをとんだときのはなし。


7月14日(日)【2日目】
13:30~14:10 劇団速度
15:00~15:40 ルサンチカ
16:30~17:10 公社流体力学
受付は各回開演30分前/開場は各回開演15分前

18:30~20:00 表彰式
入場整理券は当日配布のみ