下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

悪い芝居vol.24『アイスとけるとヤバイ』@東京芸術劇場

悪い芝居vol.24『アイスとけるとヤバイ』@東京芸術劇場

f:id:simokitazawa:20190828153817p:plain

日程
2019年09月04日 (水) ~2019年09月08日 (日)

会場
シアターウエス

作・演出
作・演出:山崎彬 音楽:岡田太郎

出演
中西柚貴 潮みか 植田順平 東直輝 佐藤かりん 畑中華香 山崎彬 清水みさと(オーストラマコンドー)ほか

  悪い芝居vol.24『アイスとけるとヤバイ』は山崎彬版のスラップスティックコメディといってもいいかもしれない。随所に岡田太郎によるオリジナルの劇中曲を織り交ぜた生歌唱やダンスのシーンが散りばめられ、山崎彬、植田順平らが演じるオースティン・パワーズ*1を思わせるようなエキセントリックな人物造形、ソフトクリームやアイスクリームをあしらったポップでキッチュな舞台美術などあくまで軽やかなビジュアルイメージは普段の重厚かつ暴力的な世界とは異なり、この劇団のB面的な路線として暑い夏の舞台には相応しいものとなった。
 何と言っても女優が魅力的だ。悪い芝居は毎回客演女優陣がいい味を見せるのだが、ダブルヒロインといえる清水みさと岩井七世もキュートなコメディエンヌぶりがすっかり板につき、裏切らない。これを関西(奈良)のギャルをコミカルに演じる劇団メンバーの中西柚香、潮みかがサポートして悪い芝居ならではの色濃いテイストを見せてくれた。
 再演を見てみたら初演の時に気づかないでうっかり見逃していたことにいくつか気がついた。山崎彬が奈良出身ということもあってか、この舞台には奈良自虐ネタが頻出する。この物語に白い衣装を着た詩人のカップルが出てきてずっとヒッピー的な人物造形と思っていたのだが、この人たちが何と奈良時代の人だったと分かった。詩集を売るときに万葉集がどうとか言っていたが、それはちょっと前の時代の大ベストセラーだったわけだ。ここの部分掘り下げていくとまた見落としていたネタが、いろいろあったかもしれない。
simokitazawa.hatenablog.com

山崎彬をゲストに10月8日セミネールレクチャー開催。早めに予約お願いします。
scool.jp