下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

劇団ジャブジャブサーキット「小刻みに 戸惑う 神様」@こまばアゴラ劇場

劇団ジャブジャブサーキット「小刻みに 戸惑う 神様」@こまばアゴラ劇場

f:id:simokitazawa:20191012130537p:plain

作・演出:はせひろいち出演
栗木 己義、荘加 真美、空沢 しんか、伊藤 翔大、中杉 真弓、髙橋 ケンヂ、山﨑 結女、林 優花、松本 詩千、岡 浩之、三井田 明日香(劇団B級遊撃隊)、はしぐち しん(コンブリ団)

スタッフ
照  明 福田 恒子
音  響 杉田 愛憲
舞台美術 JJC工房
舞台監督 岡 浩之
宣伝美術 石川ゆき
制  作 劇団ジャブジャブサーキット
ウチの代表作と言われる「非常怪談」(初演1997年)と、表裏を成す作品が書きたかったんです。いわゆる「葬儀モノ」なんですが、ありがちなお涙モノや親戚がもめたり、死の謎を巡ったり等ではなく、いつも以上にはんなりとした会話劇に仕上がりました。誰にも必ず訪れる「死」という現象について、いろんな角度から向き合える構造になってると思います。7月に先行した名古屋公演でもその辺の共感は高かったですね。(文責はせひろいち/作・演出)

’85年、岐阜大学OBを中心に旗揚げ。’91年から東京、’97年から大阪でそれぞれ定期公演を始め、以来3大都市巡業スタイルに。観客との想像力共有を信じ、細かい会話研究を武器に、演劇に残されたリアリティと知的エンターテイメントを追求している。’93年池袋演劇祭優秀賞、’95年と’97年にシアターグリーン賞、’01年と’06年に名古屋市民芸術祭賞。なお、代表のはせひろいちは、’99年、’04年、’06年の3回、岸田國士戯曲賞の最終候補にノミネートされている。

こう言う言い方をするとそれこそ贔屓の引き倒しと見なされかねないと思うが、90年代以降の現代演劇を俯瞰してみたとき、ジャブジャブサーキットのはせひろいち、弘前劇場長谷川孝治、桃唄309の3人は現在の(特に東京での)知名度はその実力に比べると不当に低い。
 平田オリザ松田正隆、深津篤史(故人)ら岸田戯曲賞を受賞した作家らに比べて、劇作家としての実力はなんら遜色のないものであり、本人も健在である今、こういうことを言うのもなんなのだが、近年亡くなった深津や大竹野正典の作品が再演による再評価を得ているように、より若い世代の演出家による上演も見てみたいところなのだ。
 とは言え、会話の中からその背後にあるリアルな幻想を立ち上げていくはせひろいちの作品は山田百次らより若い世代の作家との近親性も高いのである。若い作家や演劇ファンにもまずぜひ一度は見てほしい作家なのだ。
simokitazawa.hatenablog.com