下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

田上パル「Q学」@こまばアゴラ劇場

田上パル「Q学」@こまばアゴラ劇場

作・演出:田上 豊


田上豊が高校生と共につくった、
九州を熱狂させた話題作が、
出演者を一新してついに再演!

高校。表現選択科目「演劇」の授業時間帯。「演劇」の授業を選択した生徒たちは、一癖も二癖もある問題児。 自称演劇人の非常勤講師によるやる気のない「演劇」の授業は、ただの不良の巣窟と化してしまうが、無気力と惰性の時間の連続は、彼女たちの絆を深めていった。

しかし、ある時、その授業が研究授業として発表しなくてはならなくなる 。非常勤講師の提案に 、全員で『走れメロス』を題材にした芝居を作ることになるが…
不良×太宰×演劇。
演劇の神様は、きっと彼女たちを素敵なところに導いてくれるに違いない。

田上パル

2006年、田上豊が桜美林大学在学中に結成。緩急の利いた疾風怒濤の展開で、観劇後の爽快感を生み出す。

第14回北九州演劇祭コンペティション部門(2006年/北九州芸術劇場)、夏のサミット2008(2008年/こまばアゴラ劇場)、MITAKA“Next” Selection 10th(2009年/三鷹市芸術文化センター)などに参加。代表作に『報われません、勝つまでは』『合唱曲第58番』など。

東京と九州を中心に公演を重ね、今回、初の東北地方での公演となる。


出演

江花明里(劇団天丼・革命アイドル暴走ちゃん)
北村美岬(くロひげ)
空花
田崎小春
とみやまあゆみ
平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)
松田文香
油井文寧
亀山浩史(うさぎストライプ)

※出演を予定しておりました由かほる(青年団)は事情により降板となりました。


スタッフ

舞台監督 宮田公一
照明 伊藤泰行、中佐真梨香(空間企画)
音響 大園康司、島貫聡
広報・宣伝美術 丸山安曇
制作 尾形典子、堀りん