下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

五反田タイガー 7th Stage「WORKER ANTS と 働かないアリ」@CBGK シブゲキ‼︎(アメフラっシ愛来、 鈴木萌花出演)

五反田タイガー 7th Stage「WORKER ANTS と 働かないアリ」@CBGK シブゲキ‼︎(アメフラっシ愛来鈴木萌花出演)

スターダストプラネット所属のアイドルグループ「アメフラっシ」の愛来鈴木萌花が出演する舞台ということで見に行った。
グリム童話の「アリとキリギリス」を下敷きとした音楽劇で演劇としてはどうこうというほどの内容とも思われないが、演劇の舞台を経験するという意味では二人にとっては貴重な機会だったのだと思う。
 この日は楽日ということもあって、今回が初めての演劇舞台出演となった鈴木萌花が挨拶したのだが、ももクロ明治座舞台には参加しなかった萌花がこれに参加したということは心境の変化ののようなものがあったのだろうか? アメフラっシの4人については最近はあいらもえかのギターデュオも手掛けている2人と配信番組などでヴァラエティー班的な役割を担っているゆずはなコンビの2組に分けて、それぞれの得意な部分を伸ばそうという狙いが運営側に見えるのだが、おそらくもともと演技にも意欲を持つ愛来に合わせて、歌姫の萌花にも新たな活躍の場を与える狙いはあったのではないか。
 配役を見るともともとの五反田タイガーの劇団員に清水佐紀(Berryz工房)、清水麻璃亜(AKB48)らアイドルの客演陣で構成されていたキャストに後から加わった感がある。そのため愛来はともかく、今回初舞台の萌花にはそのアイドル界屈指という歌唱力を発揮する場はあまり与えられることはなかったが、歌唱力を生かす場を将来的に考えてみたところミュージカル女優というのはおおいにありえる選択肢だと思う。 
 愛来はくらやみの森に棲む蜘蛛という設定で、この役柄としては少しだけだが妖艶さの片りんも見せて、なかなか好演していたと思うが、次はもう少し物語を担うような役柄でも見てみたいと思った。

演出・脚色:笠原哲平(Soymilk Co.)
脚本:伊藤高史(劇団ウルトラマンション)
サウンドプロデュース:blue but white(Soymilk Co.)&ヤスマトモアキ(Soymilk Co.)
主題歌:五反田タイガー
振付:Misaki
歌唱指導:YUSA

【劇場】
CBGK シブゲキ‼︎
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-29-5 ザ・プライム 6階

【主演】
多田愛佳

【出演】※五十音順
愛来(アメフラっシ)
秋田知里(仮面ライダーGIRLS)
東ななえ(五反田タイガー)
飯塚理恵(五反田タイガー)
岡本尚子
折見麻緒(五反田タイガー)
神谷早矢佳
軽辺るか
聞間彩
坂場明日香(五反田タイガー)
聖山倫加(Jump up Joy)
澤田美晴
清水佐紀(Berryz工房)
清水麻璃亜(AKB48)
白水桜太郎
荘司里穂
鈴木萌花(アメフラっシ)
星波
高橋胡桃
高松雪(五反田タイガー)
竹中美月(五反田タイガー)
御林杏夏
桃咲まゆ(トキヲイキル)
メアリ
渡辺栞(さくらシンデレラ)

※Wキャストの可能性もございます。

【公演日程】
2020年3月18日(水)〜22日(日) 全8ステージ
◯3月18日(水) 18:30〜
◯3月19日(木) 18:30〜
◯3月20日(金・祝) 13:30〜/18:30〜
◯3月21日(土) 13:30〜/18:30〜
◯3月22日(日) 12:30〜/16:30〜
※客席開場は開演の30分前からとなります。
※ロビー開場及びグッズ販売は開演の1時間前より開始いたします。