下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

SPAC「マハーバーラタ」@駿府城公園野外舞台

SPAC「マハーバーラタ」@駿府城公園野外舞台

演出:宮城聰
台本:久保田梓美
音楽:棚川寛子
空間構成:木津潤平
出演:SPAC/赤松直美、阿部一徳、石井萠水、大内米治、大高浩一、片岡佐知子、加藤幸夫、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、関根淳子、大道無門優也、武石守正、舘野百代、寺内亜矢子、仲村悠希、布施安寿香、本多麻紀、牧山祐大、美加理、森山冬子、山本実幸、横山央、吉見亮、若宮羊市、渡辺敬彦 [五十音順]

製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター

 SPAC「マハーバーラタ」はアビニョン演劇祭での「マハーバーラタ」「アンティゴネー」の成功を受けて、今秋フランスでの上演が決定しており、それを見越しての再演となった。これまでこの舞台については舞台芸術公園 野外劇場「有度」での初演(2012年)をはじめ、アビニョン演劇祭からの凱旋公演と銘打ったKAATでの公演など複数の上演を見てきているが、宮城聰演出ならではの公演形式として、途中の遊びのような部分も含めて肩肘張らずにインドの古典を楽しませる祝祭音楽劇のひとつの到達点と言ってもいいかもしれない。