下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmai.comまで連絡お願いします。

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」(2回目)@シアタートラム

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」(2回目)@シアタートラム 終わりなき戦いのなか、甦る幽霊ひとびとの声── 今が昔に、昔が今に 現代を抉えぐる〈逆襲劇〉復活。源平合戦の後も平家の武将たちが生き延びていたという設定のもと、平家残党と源義…

MONO『アユタヤ』@東池袋あうるすぽっと

MONO『アユタヤ』@東池袋あうるすぽっと 作・演出 土田英生 出演 水沼 健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生 石丸奈菜美 高橋明日香 立川 茜 渡辺啓太

日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブ開設

日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブ開設 日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブを開設した。ネット上のサイトから検索、掲載された戯曲を自由に読むことができる。これまで劇作家個人が個人あるいは劇団のサイトなどで自ら自作戯曲を公開した例はあっ…

KARASアップデイトダンスNo.80「サティ」(勅使川原三郎振付)@荻窪アパラタス

KARASアップデイトダンスNo.80「サティ」(勅使川原三郎振付)@荻窪アパラタス 作品クレジットでは勅使川原三郎と佐東利穂子のデュオとされていたが、この日は勅使川原がソロで踊った。 アパラタスで上演される勅使川原作品は佐東と2人で踊られるものが多く…

後期クイーン論に向けた序章として(3)  エラリイ・クイーン「十日間の不思議」(ハヤカワ・ミステリ文庫)

後期クイーン論に向けた序章として(3) エラリイ・クイーン「十日間の不思議」(ハヤカワ・ミステリ文庫) 私が個人的に後期クイーンを代表する作品だと考えているのが、「十日間の不思議」である。ライツヴィルものの第3作だが、この作品において後期ク…

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」@シアタートラム

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」@シアタートラム 木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」=写真上=は「酒屋」「狐忠信」と同時上演となった2012年の初演は見ている*1が、2016年の再演の記憶がなくこれはおそらく見ておらず9年ぶりの観劇…

後期クイーン論に向けた序章として(1)  エラリイ・クイーン「災厄の町」(ハヤカワ・ミステリ文庫)

後期クイーン論に向けた序章として(1) エラリイ・クイーン「災厄の町」(ハヤカワ・ミステリ文庫) 「災厄の町」はエラリイ・クイーンの後期の代表的作品。ニューヨークの北方に位置する山麓の街であるライツヴィルを舞台とする連作「ライツヴィルもの」…

笑の内閣「助成の大学 女性版」

笑の内閣「助成の大学 女性版」 高間響戯曲集刊行記念生上演 高間響戯曲集刊行記念ラストは、お正月に由良真介・髭だるマンの劇団員二人でやった最新ZOOM演劇「助成の大学」を女性二人で生上演を配信します。 三谷幸喜氏の名作「笑の大学」をモチーフに、助…

しあわせ学級崩壊『幸福な家族のための十五楽章』@WestEndStudio

しあわせ学級崩壊『幸福な家族のための十五楽章』@WestEndStudio しあわせ学級崩壊は主宰、僻みひなたによるオリジナル戯曲とシェイクスピア作品をこれまで交互に上演してきた。大音響のEDMに乗せて、マイクでセリフを朗誦するようなスタイルが特徴で、シェ…

「僕の庭のLady」(アラン・ベネット作、河田園子演出)@赤坂Red Theater

「僕の庭のLady」(アラン・ベネット作、芦沢みどり翻訳、河田園子演出)@赤坂Red Theater 「僕の庭のLady(The Lady in the Van)は英国の劇作家アラン・ベネットが、自身が体験した出来事を元に作成した舞台劇。映画化もされ『ミス・シェパードをお手本に…