下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmail.comに連絡お願いします。

演劇

木ノ下歌舞伎「桜姫東文章」@池袋あうるすぽっと

木ノ下歌舞伎「桜姫東文章」@池袋あうるすぽっと 世界が激動し、社会の価値観も変わりゆく時代に、禁断の恋と零落の物語はいかに〈更新〉されるのか。豪華キャスト&スタッフを迎え、木ノ下歌舞伎ならではの〈新〉境地でお届けします。上演時間:3時間15分…

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演演出家部門『血は立ったまま眠っている』(寺山修司作・三上陽永演出)@SPACE早稲田

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演演出家部門『血は立ったまま眠っている』(寺山修司作・三上陽永演出)@SPACE早稲田 『血は立ったまま眠っている』*1(寺山修司作・三上陽永演出)@SPACE早稲田を観劇。寺山修司のデビュー作を青森出…

現実と仮想現実を往来 ポップアート思わせる世界 悪い芝居「逃避奇行クラブ」@下北沢・本多劇場

悪い芝居「逃避奇行クラブ」@下北沢・本多劇場 悪い芝居「逃避奇行クラブ」を観劇。広義でいえば「愛しのボカン」*1の続編とも言えるような作品といえるかもしれない。本多劇場で前回上演された「愛しのボカン」は岡本太郎の壁画「明日の神話」にインスパイ…

文化庁、公益社団法人日本劇団協議会主催(文学座)『 黒い湖のほとりで 』 Am Schwarzen See( デーア・ローアー作)@池袋シアターグリーン BOX in BOX 

文化庁、公益社団法人日本劇団協議会主催(文学座)『 黒い湖のほとりで 』 Am Schwarzen See( デーア・ローアー作) @池袋シアターグリーン BOX in BOX 文化庁、公益社団法人日本劇団協議会主催(文学座)『 黒い湖のほとりで 』を観劇。デーア・ローアー…

ほろびて「あでな//いある」@こまばアゴラ劇場

ほろびて「あでな//いある」@こまばアゴラ劇場 ほろびて「あでな//いある」@こまばアゴラ劇場を観劇。ほろびては細川洋平による演劇プロデュースユニット。過去に「あるこくはく」@SCOOL*1、「ポロポロ、に」@北千住BUoY*2と二度にわたって本公演を見…

青年団第96回公演「日本文学盛衰史」(3回目)@吉祥寺シアター

青年団第96回公演「日本文学盛衰史」(3回目)@吉祥寺シアター 青年団「日本文学盛衰史」*1の5年ぶりの再演。 原作:高橋源一郎 作・演出:平田オリザ 吉祥寺公演 2023年1月13日[金] - 1月30日[月] 伊丹公演 2023年2月2日[木] - 2月6日[月] 文学とは何か…

果てとチーク「はやくぜんぶおわってしまえ」(2回目)@アトリエ春風舎

果てとチーク「はやくぜんぶおわってしまえ」(2回目)@アトリエ春風舎 女子高を舞台に描いているが、描かれているのは社会の縮図といってもいいのかもしれない。描かれているモチーフの中に性的マイノリティに対する差別の問題が含まれているから、どうし…

果てとチーク「はやくぜんぶおわってしまえ」(1回目)@アトリエ春風舎

果てとチーク「はやくぜんぶおわってしまえ」(1回目)@アトリエ春風舎 升味加耀作・演出の舞台を見たのは2018年の無隣館の若手自主企画以来だから、途中にコロナ禍が入ったとはいえずいぶんひさしぶりのことといっていい。 その際に実はこのように書いた…

青年団第96回公演「日本文学盛衰史」(2回目)@吉祥寺シアター

青年団第96回公演「日本文学盛衰史」(2回目)@吉祥寺シアター 青年団「日本文学盛衰史」*1の5年ぶりの再演。初演の時にもそう思ったのだが、この作品が原作と違うのは平田オリザらが1990年代に行った現代演劇における現代口語演劇を巡る試行錯誤が明治の…

戦前の政府・軍部による思想、文化活動への弾圧と昨今の日本の文化軽視の政治圧力が二重重ねに 青年団第96回公演「日本文学盛衰史」@吉祥寺シアター

青年団第96回公演「日本文学盛衰史」@吉祥寺シアター 青年団「日本文学盛衰史」*1の5年ぶりの再演。初演はつい先日のように記憶していたが、その間に青年団の本体は豊岡に移転、コロナ禍もやってきて、初演時に雄姿を見せていた志賀廣太郎氏が物故されてい…

かまどキッチン「燦燦SUN讃讃讃讃」@こまばアゴラ劇場 =公演中止

かまどキッチン「燦燦SUN讃讃讃讃」@こまばアゴラ劇場=公演中止 かまどキッチンの公演はコロナ感染者が出たため中止に。 関係者のコロナ感染により中止になる舞台が再び増え始めている中で、かまどキッチン「燦燦SUN讃讃讃讃」についていえば感染者が出た…

『シアターアーツ』「2022AICT会員アンケート」

『シアターアーツ』「2022AICT会員アンケート」 4月発行予定のAICT(国際演劇評論家協会)日本センター『シアターアーツ』(晩成書房)67号に掲載される「2022AICT会員アンケート」に参加。 ■優れていた作品(5本、順位あり) (1) ムニ『ことばにない 前編』…

2022年演劇ベストアクト (年間回顧) 生きていく辛さ描く作品増える コロナ禍3年目の閉塞感反映か

2022年演劇ベストアクト (年間回顧) 年末恒例の2022年演劇ベストアクト を掲載することにする。さて、皆さんの今年のベストアクトはどうでしたか。今回もコメントなどを書いてもらえると嬉しい。 コロナ感染による日常生活への影響が出始めてから3年が経過…

高校演劇サミット@こまばアゴラ劇場

高校演劇サミット@こまばアゴラ劇場 都立千早高校「フワフワに未熟」 都立駒場「明後日ドロー」

喜界島のサンゴ礁について 学際的研究の一環としての演劇上演 喜界島サンゴ礁研究所「ユラウ」@こまばアゴラ劇場

喜界島サンゴ礁研究所「ユラウ」@こまばアゴラ劇場 平田オリザはかつて石黒浩研究室(大阪大学)と一緒のロボット演劇についての共同プロジェクトを手掛けた事例があったが、「ユラウ」は鹿児島県の喜界島とそこでサンゴ礁研究により、地球規模での気候変動…

生きる辛さを描く演劇の秀作 コロナ禍での心情がチェホフとシンクロ 小田尚稔の演劇「よく生きろ!」@こまばアゴラ劇場

小田尚稔の演劇「よく生きろ!」@こまばアゴラ劇場 最近、特に今年に入ってからが顕著だが、生きていくことの辛さをモチーフにした演劇が若手演劇作家の作品で増えてきているように感じる。綾門優季作の青年団リンク キュイ「あなたたちを凍結させるための…

アングラ演劇から若手まで演劇世界をコラージュ 初観劇が解散公演に 中野坂上デーモンズ 第23回『 十三月の混沌 』@下北沢駅前劇場

中野坂上デーモンズ 第23回『 十三月の混沌 』@下北沢駅前劇場 中野坂上デーモンズ 第23回『 十三月の混沌 』@下北沢駅前劇場を観劇。作・演出の松森モへーは短編演劇作品「私は音楽になりたい」をしあわせ学級崩壊リーディング短編集#2に提供した。この作…

小野晃太朗新作公演「口火」@アトリエ春風舎

小野晃太朗新作公演「口火」@アトリエ春風舎 思弁的な対話の断片のコラージュのように感じた。部分部分には思索の糸口としては興味深いところもあるのだが、物語の構造が複雑に感じて脈絡がたどりにくいと感じてしまった。 それというのも劇中登場人物に劇…

ぱぷりか「どっか行け!クソたいぎい我が人生」(2回目)@こまばアゴラ劇場

ぱぷりか「どっか行け!クソたいぎい我が人生」(2回目)@こまばアゴラ劇場 表題の「どっか行け!クソたいぎい我が人生」というのはかなり表題らしくないおかしな表題だと思うが、ポイントは広島の方言である「たいぎい」であり、作品中で占部房子演じる母…

座談会「クィア演劇史は可能か 劇を書く、抵抗を読む(欲望)」

座談会「クィア演劇史は可能か 劇を書く、抵抗を読む(欲望)」 日本におけるクィア演劇の歴史を探る座談会という興味深い試み。これまで知らなかったことを知ることができて、有意義な企画だったとは思うが、一番驚いたのはセクシュアルマイノリティのアク…

小池博史ブリッジプロジェクト『幻の光』@シアターグリーン(BASE THEATER)

小池博史ブリッジプロジェクト『幻の光』@シアターグリーン(BASE THEATER) 箱形の舞台空間の背面、上下、側面のすべてに星空や銀河宇宙などの映像が映し出される映像演出がとても印象的な舞台であった。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を下敷きにした舞台とい…

「孤独のグルメ」の谷口ジローの漫画を フランス語圏のスイス人演出家が演出上演 日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演俳優部門『遥かな町へ』

日本の演劇人を育てるプロジェクト 新進演劇人育成公演俳優部門『遥かな町へ』 『遥かな町へ』は谷口ジローの漫画原作をスイス人演出家、ドリアン・ロセルが脚色演出した舞台作品を日本人俳優の手でいわば逆輸入の形で上演した舞台作品だ。谷口ジローは日本…

福名理穂の岸田國士戯曲賞受賞後第1作 故郷広島を舞台に母娘の葛藤描く ぱぷりか「どっか行け!クソたいぎい我が人生」@こまばアゴラ劇場

ぱぷりか「どっか行け!クソたいぎい我が人生」@こまばアゴラ劇場 ぱぷりか「どっか行け!クソたいぎい我が人生」@こまばアゴラ劇場を観劇。前作『柔らかく搖れる』(2021年)で、第66回岸田國士戯曲賞を受賞した福名理穂の受賞後第1作である。前作同様に…

解かれないままで終わる謎の連鎖 独自性はあるがもどかしさも うさぎストライプ「かがやく都市」@小竹向原アトリエ春風舎

うさぎストライプ「かがやく都市」@小竹向原アトリエ春風舎 うさぎストライプ「かがやく都市」@小竹向原アトリエ春風舎を観劇。うさぎストライプは青年団系の若手劇団の中では作品ごとの作風の振れ幅が大きい方で、だから全くの新境地というには語弊がある…

演劇人コンクールの優秀演出家賞受賞 谷崎潤一郎の怪作上演 劇団なかゆび「お國と五平」@こまばアゴラ劇場

劇団なかゆび「お國と五平」@こまばアゴラ劇場 劇団なかゆび「お國と五平」@こまばアゴラ劇場を観劇。演劇人コンクールでの優秀演出家賞受賞作品である。演劇作品としては突っ込みどころ満載なのだが、いろんな意味で面白い公演であった。京都の若手劇団の…

ムニ「ことばにない」(3回目)@こまばアゴラ劇場

ムニ「ことばにない」(3回目)@こまばアゴラ劇場 宮崎玲奈作・演出によるムニ「ことばにない 前編」をこまばアゴラ劇場で観劇した。 作・演出:宮崎玲奈 レズビアンの女性を中心とした、4人の女性の物語。 20代後半を迎える朝美、かのこ、ゆず、美緒は元…

ムニ「ことばにない」(2回目)@こまばアゴラ劇場

ムニ「ことばにない」(2回目)@こまばアゴラ劇場 宮崎玲奈作・演出によるムニ「ことばにない 前編」をこまばアゴラ劇場で観劇した(2回目の観劇)。最初に見た時には同性愛の主題がやはり目についたが2度目の観劇では演劇と「声を聴く」というモチーフ…

レズビアンの女性を中心とした、4人の女性の物語。「エンジェルズ・イン・アメリカ」連想させる長編演劇 ムニ「ことばにない」@こまばアゴラ劇場

ムニ「ことばにない」@こまばアゴラ劇場 宮崎玲奈作・演出によるムニ「ことばにない 前編」をこまばアゴラ劇場で観劇した。上演時間4時間半(休憩時間を含む)というので観劇中に集中力が持つのかどうか若干危惧しながらの観劇だったが、左側の壁側の席で…

青年団リンク キュイ「あなたたちを凍結させるための呪詛」(3回目)@アトリエ春風舎

青年団リンク キュイ「あなたたちを凍結させるための呪詛」(3回目)@アトリエ春風舎 青年団リンク キュイ「あなたたちを凍結させるための呪詛」を観劇。舞台上の小道具兼舞台美術としていろんな種類の照明をいろんな場所において、暗闇の中に演者を浮かび上…

世界劇団「ひとよひとよに呱々の声」@こまばアゴラ劇場

世界劇団「ひとよひとよに呱々の声」@こまばアゴラ劇場 「日本最古の物語である『竹取物語』をモチーフに現代社会を抉り出す」というこまばアゴラ劇場の紹介文を読んだ時点で、この手の作品となっていることを予想すべきだったんだろうなと思ったが、古典の…