下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmai.comまで連絡お願いします。

演劇

ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」(2回目)@アトリエ春風舎

ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」(2回目)@アトリエ春風舎 『いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校』(2010)出演:亀島一徳(六) 篠崎大悟(八) 望月綾乃(トビ) 北川麗(露島空) 小橋れな(先生…

青年団リンク やしゃご「てくてくと」(2回目)@こまばアゴラ劇場

青年団リンク やしゃご「てくてくと」(2回目)@こまばアゴラ劇場 てくてくと 作・演出:伊藤毅仕事場、私生活。ちっとも上手くいかない。私は他の人と何かが違う。 病院で検査を受けたら、ただの性格の問題と診断された。 僕は/私はどうやら『普通』らし…

渡辺源四郎商店『コーラないんですけど』@下北沢ザ・スズナリ

渡辺源四郎商店『コーラないんですけど』@下北沢ザ・スズナリ 作・演出:工藤千夏 出演:桂憲一(花組芝居) 大井靖彦(花組芝居) 西川浩幸(演劇集団キャラメルボックス)※4月27日~30日出演 植本純米(花組芝居)※5月1日のみ出演ごあいさつ 稽古を重ねて、チケッ…

ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」@アトリエ春風舎

ロロ「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」@アトリエ春風舎 私が最初に見たロロ(三浦直之)の作品が「いつだって可笑しいほど誰もが誰か愛し愛されて第三小学校」(2010年、京都アトリエ劇研)であった。下記は舞台の劇評ではなく、…

青年団リンク やしゃご「てくてくと」@こまばアゴラ劇場

青年団リンク やしゃご「てくてくと」@こまばアゴラ劇場 てくてくと 伊藤毅による青年団リンク やしゃごは群像会話劇の形式でこれまでも社会に潜むさまざまな問題を描き出してきた。これまでも知的障がいなど演劇が扱うとステレオタイプになりがちな対象を…

大道寺梨乃『La mia quarantena/わたしの隔離期間』@SCOOL

大道寺梨乃『La mia quarantena/わたしの隔離期間』@SCOOL 日程4月10日(土)14:00/18:00アフタートーク各回上映後に大道寺梨乃(イタリアよりオンライン参加)とゲストによるトークを予定しています。司会には批評家の落雅季子さんを迎えます。14:00の回…

コンプソンズ#7 「何を見ても何かを思い出すと思う」@下北沢・「劇」小劇場

コンプソンズ#7 「何を見ても何かを思い出すと思う」@下北沢・「劇」小劇場 コンプソンズという名前は聞いたことあったのだが、コンプソンズ「何を見ても何かを思い出すと思う」が初めての観劇となった。群像劇でありながら、時空が自由に転換し、虚実もシ…

グループ・野原「自由の国のイフィゲーニエ」@こまばアゴラ劇場

グループ・野原「自由の国のイフィゲーニエ」@こまばアゴラ劇場 青年団演出部の鬼才、蜂巣もも演出によるドイツの現代劇作家の上演。新たな試みがいろいろ試されていて刺激的な部分は多いのだが、演劇として受容しやすいものなのかと聞かれると首をかしげた…

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』

範宙遊泳『バナナの花は食べられる』 【あらすじ】 2018年夏。 33歳、独身、彼女なし、アルコール中毒、元詐欺師前科一犯の“穴蔵の腐ったバナナ”は、マッチングアプリ・TSUN-TSUN(ツンツン)に友達を募る書き込みをする。 出会い系サクラのバイトをしていた…

青年団若手自主企画vol.85 近藤企画「更地の隣人」@アトリエ春風舎

青年団若手自主企画vol.85 近藤企画「更地の隣人」@アトリエ春風舎 近未来(令和18年)の東京で起きた大災害後の出来事の話にはなっているが、東日本大震災がその背景にあることは間違いないであろう。とはいえ、実際の被災に基づくドキュメント的な色彩は…

配信演劇「反復かつ連続」@YoutubeLIVE

配信演劇「反復かつ連続」@YoutubeLIVE 原作:柴幸男(ままごと) 主宰:有賀実知 / 金子晴菜 脚色・演出:有賀実知 舞台監督:古谷優樹 制作:金子晴菜 / 金子里緒 / 髙橋宙/ 松橋百葉 テクニカル演出:古谷優樹/ 松橋百葉 宣伝美術:西ヶ谷彩奈 写真撮影:Chaki ロ…

青年団リンク キュイ『まだなにもはなしていないのに』音響上演@アトリエ春風舎

青年団リンク キュイ『まだなにもはなしていないのに』音響上演@アトリエ春風舎 波乱万丈とも言えそうな紆余曲折を経ての綾門優季の作演出による音響上演である。アトリエ春風舎の劇場空間の中央部分がカーテン状の幕により、3つの部屋のような空間に仕切…

エヴァとのシンクロ感じた儚への純愛 悪い芝居 vol.27「今日もしんでるあいしてる」@本多劇場(配信)

悪い芝居 vol.27「今日もしんでるあいしてる」@本多劇場(配信) 今日もしんでるあいしてる 配信の期限が3月31日までということに気が付き、急いで観劇してみた。劇場で初めて見たときにはコロナ禍の現状を揶揄したような独特の世界観などに気を取られて、…

岩井秀人構成・演出『#ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編』@STAGE BEYOND BORDERS Iwai "WAREWARE NO MOROMORO (Our Stories…)"【日/EN】

Hideto Iwai "WAREWARE NO MOROMORO (Our Stories…)"【日/EN】 Hideto Iwai "WAREWARE NO MOROMORO (Our Stories…)"【日/EN】

佐藤滋とうさぎストライプ「熱海殺人事件」@こまばアゴラ劇場

佐藤滋とうさぎストライプ「熱海殺人事件」@こまばアゴラ劇場 つかこうへいの「熱海殺人事件」は演劇好きなら誰もが一度は観たことがあるであろう。現代演劇の古典といってもいい作品だ。特に私が以前住んでいたことのある関西の小劇場界ではこの「熱海殺人…

青年団若手自主企画vol.86 宮﨑企画「忘れる滝の家」@アトリエ春風舎

青年団若手自主企画vol.86 宮﨑企画「忘れる滝の家」@アトリエ春風舎 宮崎玲奈(宮崎企画)の作劇の特徴は基本的には会話劇的な演技様式を維持しながらも、時空を超えて短い場面を無造作につなぎながら物語が展開していくことだ。こういう形式は桃歌309の長谷…

小田尚稔の演劇「是でいいのだ」 “Es ist gut”@SCOOL

小田尚稔の演劇「是でいいのだ」 “Es ist gut”@SCOOL 最近選んだ震災劇ベストアクトにも入れた秀作。 小田尚稔の演劇「是でいいのだ」は東日本大震災の時の東京の人々をリアルに描いた群像劇でこれは東京在住者の被災体験という新たな視座を与えてくれた。…

「該当作なし」について私が思ったこと。 第65回岸田國士戯曲賞、今年は該当作なしに。

第65回岸田國士戯曲賞、今年は該当作なし 今年の岸田國士戯曲賞の選考委員会があり、今年は該当作品なしに。結果そのものよりも野田秀樹の選評*1にあきれかえった。 [選考委員のコメント] コロナを意識しすぎて距離感のとれていない作品が多かった。戯曲の…

東京演劇アンサンブル「ウィーンの森の物語」@東京芸術劇場

東京演劇アンサンブル「ウィーンの森の物語」@東京芸術劇場 「ウィーンの森の物語」の作者はエデン・フォン・ホルヴァート。第2次世界大戦の直前までオーストリアなどで活躍した劇作家である。東京演劇アンサンブルはブレヒトをはじめとしたドイツ演劇を積…

演劇は震災をどう描いたのか? 東日本大震災から10年 震災劇ベストアクトを選ぶ

演劇は震災をどう描いたのか? 東日本大震災から10年 震災劇ベストアクトを選ぶ 1、谷賢一「福島三部作」(2017・2018年)*1 2、飴屋法水「ブルーシート」(2013年)*2 3、畑澤聖悟「もしイタ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだ…

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」(2回目)@シアタートラム

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」(2回目)@シアタートラム 2回目の観劇。実はこの「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」についていくつか疑問があった。ひとつはこの作品において都から逃れた後の義経の逃走経路である。東京在住の人はそれほど疑問…

オパンポン創造社「オポンパン☆ナイト〜ほほえむうれひ〜」@こまばアゴラ劇場

オパンポン創造社「オポンパン☆ナイト〜ほほえむうれひ〜」@こまばアゴラ劇場 オパンポン創造社の公演を見るのは初めて。今回は短編3本立てというスタイルなのだが、これが本来のスタイルなのかどうかは不明。吉本興業主宰の演劇フェスで高い評価を得たと…

MONO『アユタヤ』@東池袋あうるすぽっと

MONO『アユタヤ』@東池袋あうるすぽっと MONO「アユタヤ」「アユタヤ」=写真上=は江戸時代のシャム(現在のタイ)のアユタヤの日本人町を舞台とした群像会話劇である。アユタヤの日本人町と言えば山田長政が作り繁栄を極めたことで知られるが、この舞台が…

日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブ開設

日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブ開設 日本劇作家協会が戯曲デジタルアーカイブを開設した。ネット上のサイトから検索、掲載された戯曲を自由に読むことができる。これまで劇作家個人が個人あるいは劇団のサイトなどで自ら自作戯曲を公開した例はあっ…

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」@シアタートラム

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」@シアタートラム 木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」=写真上=は「酒屋」「狐忠信」と同時上演となった2012年の初演は見ている*1が、2016年の再演の記憶がなくこれはおそらく見ておらず9年ぶりの観劇…

笑の内閣「助成の大学 女性版」

笑の内閣「助成の大学 女性版」 高間響戯曲集刊行記念生上演 高間響戯曲集刊行記念ラストは、お正月に由良真介・髭だるマンの劇団員二人でやった最新ZOOM演劇「助成の大学」を女性二人で生上演を配信します。 三谷幸喜氏の名作「笑の大学」をモチーフに、助…

しあわせ学級崩壊『幸福な家族のための十五楽章』@WestEndStudio

しあわせ学級崩壊『幸福な家族のための十五楽章』@WestEndStudio しあわせ学級崩壊は主宰、僻みひなたによるオリジナル戯曲とシェイクスピア作品をこれまで交互に上演してきた。大音響のEDMに乗せて、マイクでセリフを朗誦するようなスタイルが特徴で、シェ…

「僕の庭のLady」(アラン・ベネット作、河田園子演出)@赤坂Red Theater

「僕の庭のLady」(アラン・ベネット作、芦沢みどり翻訳、河田園子演出)@赤坂Red Theater 「僕の庭のLady(The Lady in the Van)は英国の劇作家アラン・ベネットが、自身が体験した出来事を元に作成した舞台劇。映画化もされ『ミス・シェパードをお手本に…

犬飼勝哉 短編演劇『アイランド 序』@SCOOL Live Streaming Series

犬飼勝哉 短編演劇『アイランド 序』@SCOOL Live Streaming Series www.youtube.com 紹介ページには「架空の島国を舞台に、特殊な能力者たちがバトルを繰り広げる話を書こうとしていたので、そういう話になると思います」とあるが、短編演劇とは銘打ってい…

悪い芝居 vol.27「今日もしんでるあいしてる」@本多劇場(配信)

悪い芝居 vol.27「今日もしんでるあいしてる」@本多劇場(配信) 今日もしんでるあいしてる