下北沢通信

「ももいろクリスマス 2016 〜真冬のサンサンサマータイム〜」(2日目)@幕張メッセ

【セットリスト】
OPENING
01:泣いちゃいそう冬
02:僕等のセンチュリー
03:BIONIC CHERRY
04:Chai Maxx ZERO
05:空のカーテン
MC 自己紹介
06:JUMP!!!!!
07:行くぜっ!怪盗少女
08:WE ARE BORN
09:DECORATION
10:きみゆき
MC
11:サンタさん
れにちゃんマジック 越中詩郎 登場
12:Guns N' Diamond
13:今宵、ライブの下で
14:Neo STARGATE
15:真冬のサンサンサマータイム(新曲)
16:ココ☆ナツ
17:SECRET LOVE STORY(氣志團のカバーソング)
18:Link Link
19:ザ・ゴールデン・ヒストリー
20:My Dear Fellow
21:白い風
MC
<アンコール>
overture
22:黒い週末
MC 南国ピーナッツ(松崎しげる)登場 来夏ライブの開催地を告知
23:ミライボウル
24:スターダストセレナーデ
25:一粒の笑顔で…

 初日は幕張てまきパークでのLVだったが、この日はチケット抽選はすべて落選だったが、ツイッターフォロワーの方の好意のおかげで会場での生観戦が可能になった。本当に有り難いことである。内容的にも初日のハワイアンに編曲された曲が披露された「高木ブー」オマージュブロックがなく、代わりに「Guns N' Diamond」「今宵、ライブの下で」「Neo STARGATE」の3曲が入ったこともあり、よりがっつり感と重厚感のあるライブとなった。
 この日披露された25曲のうち、11曲は前日発売となったももクロ冬ソングのベストアルバムである「MCZ WINTER SONG COLLECTION」の収録曲であり、それ以外にもシングル曲の「ザ・ゴールデン・ヒストリー」「DECORATION」に定番の「行くぜっ!怪盗少女」も2日間共通で入るのでセットリストの自由度はそれほどないと思われる。また、「真冬のサンサンサマータイム(新曲)」から「ココ☆ナツ」へとつながるブロックもおそらく、こうした内容の新曲となった時点からの既定路線だったと思われた。

 そういう中でも2日間のライブが同工異曲とは感じなかったのは大箱ライブでのひさしぶりの披露となった「5TD」収録曲の「Neo STARGATE」など最近のメンバーの成長ぶりを見せつけた感のある白眉のパフォーマンスがあったためだ。現地でははっきりとは分かりかねる部分もあったが、前奏部分のカルミナ・ブラーナに合わせて会場に映し出されたプロジェクター・マッピングは今までにない格好良さで、早くDVDなどの映像で確かめてみたいと映像ソフトの発売が待ち切れないほどだ。
 前日は声がれでやや不安な感があった杏果もこの日は絶好調とまではいかないが、安全運転を心がけて何か問題があるとはほとんど感じさせない歌い回しを心がけていた。おそらく、この日は後半アンコール前の最後の楽曲として「白い風」があることを十分に意識してのことと思われる。「白い風」もそこに至るまでの所は幾分抑え気味だが、それはこの曲の見せ場であるロングトーンに向けてそれまでできるだけ喉に負担を与えることをしないで取っておいたからだということが実際にその部分に来てみるとはっきりと分かった*1
 

*1:ただこの日の感想戦で「白い風」を前日の方がよかったという人が複数いて当惑させられたことも確か。前日は細心なコントロールはせずに奔放に歌ったがゆえに声がれを引き起こしたと私は感じたが、そうは思わぬ人も多かったようだ。とはいえ、私はかなりそこのところには集中していたのでことこの部分についてはけっこう自信を持っているのだが。