下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

KARASアップデイトダンスシリーズ No.52「白痴」@カラス・アパラタス

KARASアップデイトダンスシリーズ No.52「白痴」@カラス・アパラタス

2016年6月にアパラタスで初演され、同じ年12月にシアターXでも上演された作品の再演である。ドストエフスキーの小説「白痴」が原作であり、勅使川原三郎ムイシュキン公爵、佐東利穂子がナスターシャを演じているという意味で演劇的な要素が色濃い作品だ。
 一般に優れたダンサーによるダンス作品ではダンサーはその人そのものであるか、あるいは例えば大野一雄の「ラ・アルヘンチーナ頌」のように依りしろのように何かを演じるというということが多い。ところが勅使川原三郎はそうした中で例外的に自らの身体により、なにもない空間に世界を構築するような作品が数多く、それが勅使川原ワールドの魅力といえた。
 ところが、ここ数年(特にアパラサスを開設して以降)の作品では「トリスタンとイゾルテ」「ペトル
ーシュカ」など原作のキャラクターを演じるというタイプの作品が目立ってきている。これは佐東利穂子というダンス作品における共同制作者を得たということも大きいのかもしれない。この「白痴」もそうした作品の代表作といってもいいかもしれない。
simokitazawa.hatenablog.com

勅使川原三郎+佐東利穂子「白痴」

勅使川原三郎「白痴」フェスティバル・ドートンヌ招聘公演でヨーロッパ初演 - ステージナタリー

【出演 演出 照明】勅使川原三郎 【出 演】佐東利穂子
【会 場】カラス・アパラタス/B2 ホール 〒167-0051 東京都杉並区荻窪 5-11-15 F1/B1/B2

【料 金】一般 / 予約 3,000 円[当日 3,500 円] 学生 2,000 円 (予約当日共に)

【前売予約】updatedance@st-karas.com *全席自由

件名を「アップデイトNo.52」とし、ご希望の日付・住所・氏名・一般または学生・当日連絡のつく電話番号を記入のうえ送付
メール予約受付は各回とも前日の24時まで学生の方は当日受付で学生証を提示 *開演後の途中入場不可

【日程】2018 年 * 6 月 11 日(月)休演
6 月 7 日(木)20:00
6 月 8 日(金)20:00
6 月 9 日(土)16:00
6 月 10 日(日)16:00
6 月 12 日(火)20:00
6 月 13 日(水)20:00
6 月 14 日(木)20:00
6 月 15 日(金)20:00