下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

AYAKANATION2018(ももクロ佐々木彩夏ソロコン)@横浜アリーナ

AYAKANATION2018(ももクロ佐々木彩夏ソロコン)@横浜アリーナ

佐々木彩夏ももクロあーりんayakanationセトリ
1.early Summer
2.夏の扉 松田聖子
3. Glitter 浜崎あゆみ
4. ペコリナイト ゴリエ
5.mickey ゴリエ
6. Summer Girl 西野カナ
7.キューティーハニーたまやバージョン
8.my hamburger boy
9. My Cherry Pie
10.POISON 布袋寅泰
11. Pandemoniac Frustration布袋寅泰
12.Forever MAN エリッククラプトン
13.Layla エリッククラプトン
14.rimenba rein 神田沙也加
15.桃色空
16. Sunset LOVE is ALL浜崎あゆみ
17. Grenade ブルーノ・マーズ
18.流星 神田沙也加
19. 一千一秒物語 松田聖子
20.花火
本編終了
ニールセンのあーりん講座
アンコール
1.あーりんは反抗期
2.あーりんはあーりん
3.ヘンな期待しちゃ駄目だよ
4.ゴリラパンチ
5.Link Link
6.だってあーりんなんだもん

 ももクロライブ「桃響導夢」でも4人のももクロの成長力の半端なさに驚かされたが、今回のあーりんソロコンにはそれにも増して感心させられた。あーりんの歌唱力については「灰とダイヤモンド」に代表されるように杏果が担ってきた高音領域をまかされるなどその潜在能力(キャパシティー)の高さは徐々に浸透しつつあるが、今回のソロコンの最初の3曲を聞いて、その歌唱の安定度には驚いた。
 これは現在は卒業している有安杏果のソロコンや高城れにのソロコンにも同じく感じたことだが、月1回の真剣勝負(フォーク村)とある意味その成果としての他流試合(ソロコン)を2年~3年続けるというももクロが生み出した育成ノウハウがいかに人間をひとりのパフォーマーとして成長させるのかというのが、この3人を見ているとよく分かる*1。特に定点観測ではないけれど松田聖子の歌はあーりん=アイドルのイメージもあってフォーク村でも何度となく挑戦させられて、コスプレなどで誤魔化してはいるものの松田聖子の伸びのある声にはなかなか寄せられずてこずっているのを見てきているので今回の「夏の扉」を聴いた時には「あーりん、うまくなってる」というのがはっきり分かる出来栄えだった。
 あーりんのソロコンの魅力といえばおもちゃ箱をひっくり返したような楽しさ。今回は前回の「50年代」のような凝った主題はなく「夏」というシンプルな題目だったが、グアムで撮影してきた冒頭のVから始まり、衣装替えをバンドによる夏曲メドレーや3Bjuniorのダンスでつなぐなど全体の進行が本当に流れるようで、今回も共同演出的にお手伝いをしているとはいえ、ももクロライブでの佐々木敦規演出と比較すると、これが文字通り佐々木彩夏構成・演出なのだとしたら「ひょっとしたら、あーりんのが上じゃないのか」と思ってしまうほどだ。振付家と相談はしているようだが、あつのりんよりもダンスのことがよく分かっているのが大きいのかもしれない。さらにいえばすべて細部まで自分の美学だけで統一しようとしていた杏果と異なり、あーりんの場合は基本的な流れを決めたうえで、「餅は餅屋」というようにバンドのことはバンドにダンスのことは振付家になどとそれぞれのことを人に任せる度量が大きいのではないか。
 ゴリエの2曲はあまりよく知らなかったのだが、ゴリエというのがあーりんとももクロ加入前におはキッズとして出ていた「おはスタ」でレギュラーとして共演していたお笑いコンビ、ガレッジセールのゴリの演じた別名キャラクターであり、同じ番組にMCとして出演していた大沢あかねとはももクロとして番組で共演しているが、ガレッジセールとの絡みは彼らが地元、沖縄中心の活動になり、東京でのレギュラー番組が減っていることもあり、これまでほとんどなかった。
 とはいえ、こういう縁を忘れないのがももクロのよさであり、「ゴリラ・パンチ」を受け継ぎ、2代目ゴリラを襲名したあーりんにぴったりの選曲といえた。
 
 

*1:杏果は成長しすぎて、アイドルの範疇に嵌まらなくなり、卒業してしまったが。