下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

アイドル界最大の夏フェス「夏S(ナツエス)」@埼玉・メットライフドーム

アイドル界最大の夏フェス「夏S(ナツエス)」@埼玉・メットライフドーム

【2018/2/17(土)更新】
「夏S」は7月28日(土)、にて開催いたします。

さらに!スターダストアイドル新プロジェクト
スターダストプラネット
立ち上げ!
(略してスタプラ)

【2018/2/17(土)更新】
スターダストプラネットのモバイルサイトがオープンしました。

スタプラモバイルはこちら!
http://www.stardustplanet.jp/

ももいろクローバーZ
私立恵比寿中学
チームしゃちほこ
たこやきレインボー
ロッカジャポニカ
ばってん少女隊
ときめき宣伝部
はちみつロケット
3B junior
いぎなり東北産
桜エビ〜ず
CROWN POP

スターダストプロモーションのアイドル部門が独立した新セクション「スターダストプラネット」のいわばお披露目ライブとなったのが、埼玉・メットライフドームで開催された「夏S(ナツエス」である。
 このライブはスタプラという形で今後はやっていくという宣言でもあり、スタダの新社長となった理事長の肝いりのプロジェクトとして失敗できないものであり、全グループともこれを社業的には最優先で取り組まざるを得ない事情があった。
 そうした事情もあって内容的には盛りだくさんすぎるほど盛りだくさん。まさに現在のスターダストプラネットの総力を結集したといえるような充実したライブとなったが、一方ではモノノフの一部が「ももクロ以外に興味はない」などと反発したこともあり、翌週にももクロマニアという単独ライブをZOZOマリンスタジアムで2日間開催せざるを得なくなり、集客の面では苦戦(約1万4000人の動員)を強いられるという結果ともなった。ももクロ10周年へのトリビュートという全体のコンセプトからしても内容的にはももクロ単独推しのファンにとっても充分楽しむことができるものだった。参加した人間としてはメットライフドームとは言いながらも今回は逆にアリーナとして内野部分だけを使い、スタンド席も外野はいっさい使わず、ももクロのスタジアムライブと比べれば格段の良席で見ることができるなど、「行かない」と声高に宣言していた人たちを悔し涙させるに充分なライブだったのではないか。 

<13:00~オープニングライブ出演順決定!>
(1) いぎなり東北産

いぎなり東北産 夏S2018-ライブ01

いぎなり東北産 夏S2018-ライブ02

(2) ばってん少女隊
(3) 3B junior
(4) 桜エビ~ず
(5) ときめき♡宣伝部
(6) ロッカジャポニカ
(7) CROWN POP
(8) はちみつロケット

ももクロトリビュート選手権」

私立恵比寿中学「マホロバケーション」
◆チームしゃちほこ「泣いてもいいんだよ」
たこやきレインボー「BLAST!」
ロッカジャポニカ「Z女戦争」
ばってん少女隊「スターダストセレナーデ」
◆ときめき♡宣伝部「全力少女」
はちみつロケットMOON PRIDE
◆3B junior「DNA狂詩曲」
◆いぎなり東北産「ももクロのニッポン万歳!」
◆桜エビ~ず「D’の純情」
◆CROWN POP「行くぜっ! 怪盗少女」

スターダストプロモーションのアイドル部門がスターダストプラネット」。その初めての合同イベントが「夏S」である。ということになれば知名度のまだ低い若いグループはどのように目だって爪痕を残すのかというのがkwkmイズムということになりそうだが、そういう意味で今回爪痕を残したのはいぎなり東北産とCROWN POPではなかっただろうか。

夏S CROWN POP「夏キラリ☆」
CROWN POPはももクロはほとんどのアイドルグループが所属していた旧芸能3部ではなかったこともあり、これまではももクロ周辺のファンにはほとんどその存在を知られておらず、今回スターダストプラネットへ改編により初めて知られるようになった。これまで「俺の藤井」などスタダのアイドルイベントには参加しておらず、スタプラのなかではもっとも知名度は低かった。
 そのため事実上のお披露目のようなところもあったのだが、SNS上で多くのファンが#夏木マリ と表記した「夏キラリ☆」が一転「夏S」で一大ブームとなり、その名前をファンに知らしめた。おそらくこれまではももクロ妹分的な恩恵はほとんど受けておらず、賛否は今後出てくると思われるが、コールもスタダではあまり使われないスタンダードミックスが多用されるなどスタダのアイドルグループの中ではもっとも「地下アイドル」感が強いのが逆に面白いかもしれない。