下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

マレビトの会・フェスティバル/トーキョー18『福島を上演する』(2日目)@東京芸術劇場

マレビトの会・フェスティバル/トーキョー18『福島を上演する』(2日目)@東京芸術劇場

2018/10/25(木)〜28(日)


歴史でも物語でもない。福島のいまを受肉し、「出来事」にする

F/Tでの上演も3年目を迎えるマレビトの会の長期プロジェクト『福島を上演する』(2016-)。複数の劇作家が福島に赴き、それぞれの視点から現地のいまを切り取った短編戯曲を執筆、ごくシンプルな空間で、俳優の身体を通し、「出来事」として出現させる試みは、現実と演劇との関係はもちろん、戯曲と上演、写実と創作の関係、とりわけ俳優の身体の可能性を捉え直すものとしても注目を集めています。過去2回の公演で上演された戯曲は51編。その多くは一見なんでもない日常の断片を映し取った芝居ですが、そのことがむしろ、一戯曲一回のみの上演とも相まって、「上演されゆく福島」という特異性のある時間、空間を創出してきました。今回は4日間4回にわたって、8人の劇作家による戯曲群を上演します。歴史でもない物語でもない、一度しか起こらない上演=出来事を、私たちはどのように目撃し、受け止めるでしょう。

チラシはこちらから。

◇本作品は1公演につき、複数の書き手(アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田咲)による複数の戯曲で構成されています。
◇4公演全体で1つの作品というコンセプトのもと、各回、上演される戯曲・構成が異なります。
◇日本語上演
◇『福島を上演する』は『長崎を上演する』(13〜16)から続く長期プロジェクトです。上演戯曲・構成および関連インタビュー等、ご観劇の参考にご覧ください。(『長崎を上演する』アーカイブ

○上演戯曲:
10月25日(木)19:30
父の死と夜ノ森(松田正隆
漂着地にて(高橋知由)
座標のない男(アイダミツル)
広告を出したい男(神谷圭介

10月26日(金)19:30
草魚と亀(島崇)
峠の我が家(草野なつか)
みれんの滝(アイダミツル)
アンモナイトセンター(神谷圭介

10月27日(土)18:00
画塾(神谷圭介
福島の海辺(三宅一平)
郡山市民(山田咲)
いつもの日曜日(草野なつか)

10月28日(日)14:00
ゆきもよい(島崇)
水無月(三宅一平)
標準時周辺より(高橋知由)
いわき総合図書館にて(松田正隆


○日時:
10/25 (木) 19:30
10/26 (金) 19:30
10/27 (土) 18:00
10/28 (日) 14:00

作:アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島 崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田 咲
演出:関田育子、寺内七瀬、松尾 元、松田正隆、三宅一平、山田 咲
出演:アイダミツル、生実 慧、石渡 愛、加藤幹人、上村 梓、桐澤千晶、酒井和哉、佐藤小実季、島 崇、田中 夢、西山真来、三間旭浩、山科圭太、弓井茉那、𠮷澤慎吾、米倉若葉
舞台監督:高橋淳一
照明:木藤 歩
宣伝美術:相模友士郎
宣伝写真:笹岡啓子
記録写真:西野正将
記録映像:遠藤幹大
制作:石本秀一、中村みなみ、三竿文乃、森真理子(マレビトの会)
   荒川真由子、新井稚菜(フェスティバル/トーキョー)
制作協力:吉田雄一郎(マレビトの会)
インターン:円城寺すみれ、小堀詠美、山里真紀子
協力:Integrated Dance Company 響-Kyo、青年団、テニスコート、フォセット・コンシェルジュ、レトル
企画:マレビトの会
主催:フェスティバル/トーキョー、一般社団法人マレビト

今はそういうのはあまりないが、以前はネットで画像などを見ると最初ぼんやりとしか見えていなかった画像が次第に解像度が増して鮮やかに見えてくるというようなことを経験したことがある。マレビトの会の舞台は見ていてそれと同じような感覚を思い起こすことがある。
 「草魚と亀」はそんなことを強く思わせる。最初何人かどこかの施設でエスカレーターに乗って、どこかの山頂に向かっているらしい人たちが現れる。という風に書いたが実は俳優が舞台上に現れた時点では何をしている人か分からない。舞台に手前側にある何かに向かって手を合わせる人が多数いるので、何かの慰霊施設なんだなというのは分かり、「福島を上演する」だから「東日本大震災の慰霊施設なのかな」と思いながら見続けていると舞台上手に陣取る男が「飯盛山へようこそお越しくださいました」とアナウンスをするためにそこが飯盛山という場所なのは分かるが、残念ながら現地の土地に不案内でその意味合いが焦点を結ぶことはその時点でなかった。
 やがて、そこから見えるもうひとつの高台らしき場所にあるものを指差しながら、鶴ヶ城というのを聞いて初めてここが白虎隊が自刃した地として知られる飯盛山であり、慰霊していたのも震災とはまったく無関係で歴史ファンなどの観光客による白虎隊に対してのものであるのが、了解されてくるのだ。
http://www.marebito.org/fukushima/text/fukushima18-sogyo.pdf
 ところが実はこの舞台では実は飯盛山だけではなく、鶴ヶ城天守閣から飯盛山を臨んでいた観光客も描かれ両者が対比されたようなのだが、私には観察力がなく、そこまでは気がつくことはできなかった。
http://www.marebito.org/fukushima/text/fukushima18-toge.pdf
「 峠の我が家」(草野なつか作)は物語の設定としてはさらに茫洋としている。陽香と年の離れたその妹であるまひるをめぐる物語ではあるが、二人の母親はすでに亡くなっている。その死は不在として現前しその原因は語られることはないけれど、どうやら震災で亡くなったのではないだろうかということは次第におぼろげに分かってくる。「福島を上演する」では震災のことも触れられはするが、それは直接描かれるというのではなく、何らかの不在ないし欠損として描かれないことで感じられることが多い。これは意図的にそうなっているというよりは被災地での被災者の震災の受け入れ方が、そうした形をとることが多いからだろうと思っている。
 そういう意味ではこうしたとりとめのない作品とは対照的に普通の演劇らしさを感じたのが「みれんの滝」(アイダミツル作)である。この作品において特徴的と感じられたのは石渡愛の演技である。マレビトの会の演技はだいたいにして、「棒読みのような平坦なセリフ回し」「会話の相手の顔を見て話すことがない」など現代口語演劇に見られるようなリアルさを意図的に排除して抽象性を強調していることだ。ところがこの「みれんの滝」では山岳雑誌のモデルをつとめる石渡愛の演技が彼女が立教大学において松田正隆の門下であったとともに平田オリザの主催する無隣館(第3期)の所属でもあり、平田流の現代口語演劇のフレージングと近いものとなっていたからだ。そして、彼女がある意味抑制を感じさせながら感情のこもった演技をすることで「みれんの滝」はほかの作品よりも感情移入しやすく芝居としては受容しやすいものになっていることは確かなのだが、問題はマレビトの会の方向性として本当にそういう演技を許容してもいいのかという疑問を感じさせられた。