下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

マレビトの会 / Marebito フェスティバル/トーキョー17『福島を上演する』@池袋シアターグリーンBASETHETER

マレビトの会 / Marebito フェスティバル/トーキョー17『福島を上演する』@池袋シアターグリーンBASETHETER

過ぎ去っていく数々の「出来事」から、福島の「いま」を垣間見る

複数の作家が福島に取材し書いた戯曲を、いかに現在の「出来事」として劇場に立ち上げるのか。ごくシンプルな空間で、俳優の身体のみを使い、各エピソードにつき一度きりの上演に挑戦したマレビトの会『福島を上演する』が、昨年に引き続き、フェスティバル/トーキョーに登場する。前身となった『長崎を上演する』(2013−16) と同様、歴史に回収されるのではない、日常の時間に潜むドラマを採集、舞台化する本プロジェクト。2年目となる今回は、これまで福島市内に限定していた取材範囲を県内全域まで拡大、場所や時間、登場人物はもちろん、戯曲のスタイルまでさまざまに異なる戯曲の連続上演を通じ、より多面的な福島の姿を浮かび上がらせる。全12回にわたる公演に登場するエピソードの一つひとつは、とらえどころのない、過ぎ去っていく時間の断片にも思えるだろう。だが、眼前に現れては消えるその風景の連続には、福島の「いま」が、確かに映し込まれているはずだ。

チラシはこちらから。

◇本作品は1公演につき、複数の書き手(アイダミツル、神谷圭介、草野なつか、島崇、高橋知由、松田正隆、三宅一平、山田咲)による複数の戯曲で構成されています。
◇12公演全体で1つの作品というコンセプトのもと、各回、上演される戯曲・構成が異なります。
◇日本語上演
◇『福島を上演する』は『長崎を上演する』(13〜16)から続く長期プロジェクトです。上演戯曲・構成および関連インタビュー等、ご観劇の参考にご覧ください。(『長崎を上演する』アーカイブ

○上演戯曲
10月7日(土)16:00
国宝白水阿弥陀堂(山田 咲)
パークウィンズ(草野なつか)

10月7日(土)19:30
握手会にて(島 崇)
石炭・化石館 ほるる(松田正隆
老人の話(三宅一平)

10月8日(日)14:00
ヒミツホテル(アイダミツル)
国道6号線(草野なつか)

10月8日(日)17:30
エブリデイ・エブリナイト(松田正隆
遺骨収集(三宅一平)

10月9日(月祝)14:00
衛星、船着場、または新しい軌跡(高橋知由)
回転寿司にて(神谷圭介
こずえと茂吉(三宅一平)

10月9日(月祝)17:30
トミー理髪店(アイダミツル)
涙の木(三宅一平)
アクアマリンふくしまサンゴ礁の海」にて(松田正隆
スポーツショップ(神谷圭介

10月12日(木)19:30
上演と陰謀(松田正隆
革命(神谷圭介

10月13日(金)19:30
あなたはわたしの劇場(松田正隆
富岡川 子安橋より(島 崇)

10月14日(土)16:00
イオンシネマのベンチにて(松田正隆
メタスタ(アイダミツル)

10月14日(土)19:30
帰れない2n人(高橋知由)
磐越東線、いわき行き(松田正隆

10月15日(日)14:00
番外編 大阪の福島にて(島 崇)
点字図書館にて(神谷圭介
塩屋埼灯台(山田 咲)

10月15日(日)17:30
パン屋の跡地にて(高橋知由)
守山さんの受難(草野なつか)
北白河宮家和子さま、道の駅「よつくら港」来訪のこと(松田正隆

演目順は変更になる場合があります。

○日時:
10/7(土) 16:00 / 19:30
10/8(日) 14:00 / 17:30★(英語字幕あり)
10/9(月・祝) 14:00 / 17:30
10/10(火) 休演日
10/11(水) 休演日
10/12(木) 19:30
10/13(金) 19:30 ★
10/14(土) 16:00 / 19:30★
10/15(日) 14:00 / 17:30

受付開始は開演60分前、開場は15分前。
上演時間:約60〜80分(演目ごとに異なります)

10/8(日)17:30の回のみ、英語字幕が入ります。あらかじめご了承ください。

本公演は演出の都合上、開演時間を過ぎてからのご入場ができない場合がございます。お早めのご来場をお願いいたします。

★=終演後、ポスト・パフォーマンストークあり
10/8(日)17:30|松田正隆×マレビトの会プロジェクトメンバー
10/13(金)19:30|松田正隆×伊藤キム(フィジカルシアターカンパニーGERO主宰・振付家・ダンサー)
【NEWトーク決定!!】
10/14(土)19:30|松田正隆×諏訪敦彦(映画監督)

○会場:シアターグリーン BASE THEATER(豊島区南池袋2-20-4) アクセス:
JR他「池袋駅」地下通路39番出口より徒歩2分、東口より徒歩6分
東京メトロ有楽町線東池袋駅」より徒歩5分
都電荒川線雑司ヶ谷駅」より徒歩7分

○チケット(整理番号付き自由席) 8月27日(日)~発売
取り扱い:F/Tチケットセンター
一般前売り   ¥3,000(当日 +¥500)
先行割引* ¥2,100
5演目セット** ¥2,400
3演目セット** ¥2,600
1日セット券*** ¥5,000(10/7、8、9、14、15のみ)
学生      ¥2,000 ※当日券共通。当日受付で要学生証提示。
高校生以下   ¥1,000 ※当日券共通。当日受付で要学生証または年齢確認可能な証明書の提示。

先行割引*=8月23日(水)~26日(土)の期間中、お得な早割券を発売します。枚数限定。
5演目セット券・3演目セット券**=F/T17の他の演目と組み合わせてご購入いただけるチケットです。『福島を上演する』は12公演中1公演のみ選択可能です。
1日セット券***=同日16:00の回と19:30の回(7日、14日)、14:00の回と17:30の回のセット券(8日、9日、15日)となります。F/Tチケットセンターで前売のみ取り扱い。

「握手会にて」は福島のローカルアイドルの握手会付きライブイベントでの出来事のスケッチである。テキストはどうやら実在の地域アイドルの取材をもとに書き下ろしたようだが、「はにわっこ」というはにわとアイドルの融合をテーマにしたアイドルというのが笑える。3人グループのアイドルのようなのだが、そのうちの1人がしおりんというのはどこかのアイドルを連想せざるをえなかったが、それが元キャバ嬢でもうかるからとアイドルに勧誘されたがやっていくのがカスカスでやめようとしているという設定ではちょっと笑いにくい。
 マレビトの会の場合、発話の調子を意図的に平板にして演じる俳優あるいは役柄の感情が見えにくいほど抑制されたものになっているのだが、その演技でライブのコールまで集団演技でやると本当にやる気のない人たちにも見えて思わず笑ってしまった。