下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

PARCO Production(ももクロミュージカル)「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」(3回目)@舞浜アンフィシアター

PARCO Production(ももクロミュージカル)「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」(3回目)@舞浜アンフィシアター

公演日程2018年9月24日(月・休)~2018年10月8日(月・祝)
会場舞浜アンフィシアター
作鈴木聡
演出本広克行
出演百田夏菜子 玉井詩織 高城れに 佐々木彩夏
ももいろクローバーZ
妃海風 シルビア・グラブ

井田彩花 伊藤彩夏 大澤えりな 草野未歩 KUJINKO 小石川茉莉愛 佐藤マリン 滝澤梨吏華
二橋南 MIO 八尋由貴 結木春衣 吉田 藍 大澤信児  加藤貴彦 sho-ta Anna

3回目の観劇。アイドルグループ「HEAVEN」の登場ですっかりこの作品の世界に引き込まれはするが、この舞台の本当の見せ場はこの後にあるかもしれない。
 残されたHEAVENのメンバーの新曲として「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」が披露されるが、 妃海風が出てきて「この世界はカナコの夢の中の世界でもうすぐ消滅する」と伝える。本広監督のイメージではこの辺りの作品構造のモデルは押井守監督の「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」であるということらしい。
 これは本広の確信犯的なもので脚本の鈴木聡に執筆の前に「うる星やつら2 」を見てほしいとの注文をつけたらしい。同作品はループ構造やゲーム的な世界観からゼロ年代の作品に大きな影響を与えているが、大本の「うる星やつら2 」をはじめ多くの作品で導入されているループ構造はここではない。ここで受け継がれているのは「生きることの全ては夢の世界のできごと」というテーマ。もちろん、これは新しいものではなく、元をたどれば「荘子」の一節「胡蝶の夢」からの影響も大きい*1
「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」が面白いのはその世界観に深みのあるディティールはないのだけれど、その世界はいくつかの短いルールによって規定されているような仕掛けになっていることだ。
 このミュージカルは4つの世界から構成されている。一つ目はカナコたち4人がダンス部で翌日に高校ダンスの決勝を迎える世界。ところが冒頭の部分で自動車事故が起こり、次にカナコが気がつくと「天国」に来ている。
 仲間の3人(アヤカ、シオリ、レニ)を探すカナコだが、4人は死んでカナコ以外の3人はすでに生まれ変わってしまったと告げられるが、どうしてもダンスの大会で3人と踊りたいカナコは納得しない。
 逆に天使たちから時空間転送装置を奪って、生まれ変わった3人のところに会いに行く。

*1:舞台の直後のミニ感想戦でミステリ作家の太田忠司さんも「胡蝶の夢」のことを指摘されていた