下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

MOMO「涙目コント」三鷹市芸術文化センター 星のホール

MOMO「涙目コント」三鷹市芸術文化センター 星のホール

出演
脚本・演出:土田英生
脚本提供:前川知大(イキウメ/カタルシツ)
横山拓也(iaku) 平塚直隆(オイスターズ)
出演:奥村泰彦、金替康博、土田英生、石丸奈菜美、高橋明日香、立川 茜、渡辺啓

 MONOとコントといえば中心メンバーの土田英生と水沼健が参加していたガバメント・オブ・ドッグス(GOVERNMENT OF DOGS)のことが思い出される。

「GOVERNMENT OF DOGS Refresh!」 脚本:故林広志  演出:水沼健
2008年5月23日~5月25日 ABCホール・大阪公演、2008年10月17日~10月19日 ABCホール三鷹市芸術文化センター
CAST:エディ・B・アッチャマン、犬飼若博、水沼健(MONO)、土田英生(MONO)、故林広志

 実はガバメント・オブ・ドッグスは上記の公演で11年前にこの三鷹市芸術文化センターで行われたのが最後。その意味では劇団設立30周年記念公演の一環として、今回コント公演が企画されたのはそういう縁もあるのかもしれない。
 ただ、今回のコントはガバメントの作家、故林広志のシュールで乾いた感性の笑いとはまったく方向性の違うコントで、ガバメント的なものを勝手に期待していた私は少しがっかりした。ただ、考えてみればそれならガバメントを再演すればいいのでMONOの公演とわざわざ銘打ってやる必要はないわけだ。