下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

ダムタイプ 新作パフォーマンス『2020』@ロームシアター京都(中止)

ダムタイプ 新作パフォーマンス『2020』@ロームシアター京都(中止)

コロナのため公演中止。

世界がその動向を注目し続ける伝説のマルチメディア・パフォーマンス・グループ ダムタイプ、2002年以来18年ぶりの待望の新作発表!


ダムタイプは、映像、ダンス、音楽、デザイン、コンピューター・プログラムなど異なる背景をもつメンバーによるアーティスト集団です。1984年の結成以来、プロジェクトごとにメンバーや表現方法を変化させながら、集団による共同制作の可能性を模索しつつ、マルチメディアを使ったパフォーマンスやインスタレーションを中心に発表し、国内外で活動しています。今回は、2002年初演『Voyage』以来となる新作を上演します。




開催日時・会場


2020年3月28日(土)~ 3月29日(日)

3/28(土)19:00開演(18:30開場)※終演後、メンバーによるポスト・パフォーマンストークあり
3/29(日)15:00開演(14:30開場)※終演後、メンバーによるポスト・パフォーマンストークあり
3/29(日)19:00開演(18:30開場)【追加公演】
※追加公演分については、終演後のポスト・パフォーマンストークは行いません。ご了承ください。

会場:サウスホール




公演・作品について




メンバー

池田亮司・大鹿展明・尾﨑 聡・白木 良・砂山典子・高谷史郎・高谷桜子・田中真由美・泊 博雅・濱 哲史・
原 摩利彦・平井優子・藤本隆行・古舘 健・薮内美佐子・アオイヤマダ・山中 透・吉本有輝子

宣伝美術:南琢也



ダムタイプ


ダムタイプ
Dumb Type

1984年の活動開始以来、複数のアーティストが参加する集団によるコラボレーションで作品を制作。プロジェクト毎に参加メンバーが変化し、ゆるやかな共同体により制作される作品は、既成のジャンルにとらわれない、あらゆる表現の形態を横断するマルチメディア・アートとして国内外で発表されている。主なパフォーマンス作品には、《pH》(1990年初演)、《S/N》(1994年)、《OR》(1997年)、《memorandum》(1999年)、《Voyage》(2002年)等がある。パフォーマンスと並行して、インスタレーション作品の制作にも取り組み、2018年にポンピドゥー・センター・メッス(フランス)で個展「DUMB TYPE: ACTIONS + REFLEXIONS」を開催、さらに新作やアーカイブを加えてバージョンアップした展覧会が2019年11月より東京都現代美術館にて開催中(2020年2月16日まで)。