下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

うさぎストライプ『ゴールデンバット』(2回目)(作・演出:大池容子)@アトリエ春風舎

うさぎストライプ『ゴールデンバット』(2回目)(作・演出:大池容子)@アトリエ春風舎

大人になれない
大人のための
うさぎストライプ


ゴールデンバット

菊池佳南の新作一人芝居。

数十年前、アイドルになるために上京した女は、叶わなかった夢を追うように地下アイドルのライブに通い始める。そこで出会った一人のアイドルに、女は心を奪われていく。

*第2回いしのまき演劇祭 参加作品


『セブンスター』

2012年、2016年と上演を重ね、今回が再々演。
ガレージで1人、自転車を組み立てる男は、幼い頃に宇宙飛行士になりたいと思っていた。JAXAのロケット開発者を目指していた兄と共に宇宙を夢見た彼は、未だに捨てられない宇宙への憧れと、初恋の〈あの子〉の言葉を忘れられずにいた。

作演出の大池容子に菊池佳南になぜ地下アイドルの役を書き下ろしたのかと聞いたら、「彼女はもともとオタ芸のようなことをやっていたことがあるから」などと言っていたので、ハロプロか何かアイドルのファンだったことがあったのかと本人に確かめてみた。
 それで分かったのは菊池佳南は青年団に入る前に「バナナ学園純情乙女組」のメンバーとしてパフォーマンスに参加していた時期があり、バナナ学園が組織改変で「革命アイドル暴走ちゃん」に変わってパフォーマンス色を強めた*1際に「私は演劇がやりたい」とそちらには加わらず退団し、青年団に入ったということであった。
それがキャラクターを生かされて青年団リンク ホエイ「小竹物語」では怪談アイドルひふみん役に続き、この「ゴールデンバット」では昭和顔の地下アイドル・憂井おびる(元・梅原純子)とずっと以前に宮城県から東京に歌手志望者として出てきた「エイコ」の2役を演じている*2
 
 

*1:spice.eplus.jp

*2:正確に言えばそれだけではなく、「エイコ」の父母、妹、大学の先輩、純子のマネージャーなど数多くの役柄をたったひとりで演じ分けている。似たようなことを井上みなみもやっていたから、青年団の若手女優たちは異常に高スペックである。