下北沢通信

青年団第76回公演「さよならだけが人生か」(3回目)@吉祥寺シアター

作・演出:平田オリザ

2017年6月22日(木)-7月2日(日) 15ステージ

会場:吉祥寺シアター


「そのとき日本の演劇界が青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作
待望の再演。


東京都内某所の雨が続く工事現場に、折り悪く遺跡が発見される。
遅々として進まない工事。
工事現場の人々、発掘の学生達、ゼネコン社員や文化庁の職員など、
様々な人間達がだらだらと集まる飯場に、ユーモラスな会話が、いつ果てるともなく繰り広げられる。
青年団史上、もっともくだらない人情喜劇。

1992 年に初演され、「そのとき日本の演劇界が青年団を発見した」とも言われる劇団の出世作
2000 年 のリニューアル上演以来、16年ぶり待望の再演。

 出演:
・工事現場の人々
 山内健司:宮内政人(おっさん)
 荻野友里:宮内ミカ(おっさんの娘)
 佐藤滋 :鈴本大次郎(うるさい男)
 小林智 :篠塚昭利(少し静かな男)
 大村わたる:橋本良二(バイトの警備員)
 森内美由紀:山口珠恵(掃除する女)
 井上みなみ:井出牧子(新入りの掃除する女)
 石橋亜希子:辻房枝(足を折った人)

・発掘の人々
 石松太一:岸本健三郎(助手)
 藤松祥子:高木晴美(留学する女の学生)
 前原瑞樹:藤野智明(男の学生)
 小林亮子:小野時子(女の学生)
 寺田凛 :白石桂子(歯が痛い女の学生)

・その他の人々
 太田宏 :大蔵喜一(男の社員)
 小瀧万梨子:月島郁恵(女の社員)
 串尾一輝:トカレフ(新人社員)
 伊藤毅 :門田義男(訪問者)
 立蔵葉子:星野千絵(文化庁の女)

 表題の「さよならだけが人生か」は于武陵という人の「勧酒」と題した漢詩井伏鱒二が訳した訳詩に出てくる「ハナニアラシノタトヘモアルゾ 『サヨナラ』ダケガ人生ダ」という一節から取ったものである。

勧酒  (于武陵)      酒をすすむ 

勧君金屈巵         君に勧む 金屈卮
満酌不須辞         満酌 辞するを須いず
花発多風雨         花発けば 風雨多し
人生足別離         人生 別離足る

   直訳                    井伏鱒二
君に この金色の大きな杯を勧める         コノサカヅキヲ受ケテクレ
なみなみと注いだこの酒 遠慮はしないでくれ    ドウゾナミナミツガシテオクレ
花が咲くと 雨が降ったり風が吹いたりするものだ  ハナニアラシノタトヘモアルゾ
人生に 別離はつきものだよ            「サヨナラ」ダケガ人生ダ

井伏鱒二の訳詩から引用したとは書いたが平田オリザは実は表題にするにあたってちょっとした変更を加えている。「サヨナラだけが人生だ」とあったのを「さよならだけが人生か」と「だ」を「か」にしているのだ。