下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

太田忠司「万屋大悟のマシュマロな事件簿」

太田忠司「万屋大悟のマシュマロな事件簿」


太田忠司「万屋大悟のマシュマロな事件簿」読了。著者のミステリ作家、太田忠司さんは玉井詩織推しのモノノフ(ももいろクローバーZのファン)。この本の主人公は元SPの警備会社社長、万屋大悟。娘が地方都市に活動の拠点を置く、5人組のローカルアイドル「marshmallow15(いちご)」のリーダーをやっていて愛称は「ちおりん」。コアな観客が十数人というローカルなアイドルではあるが、この5人組、最初は6人いたが、活動初期にひとりが離脱して現在は5人など明らかにあの国民的5人組女性アイドルグループを思わせるところがありありなのだ。

 ミステリファンだけではなく、モノノフ必読の一冊。これを原作にぜひテレビドラマをなど言いたいところだった*1のだが、実はこの本を読んでいる途中で杏果の卒業が発表になってそれどころじゃなくなった。歌が一番上手いメンバーの脱退騒動などの顛末もあり、現実のシンクロ具合いがしゃれではすまない。読んでいて胸が痛くなる場面が随所に出てくるのだ。

 私は緑推しではあるけれどもうこうなったら、作者にはここまで書いたならあのメンバーはきちんと脱退、ソロ歌手デビューをさせてあげてほしい。そして、4人となったアイドルグループの後日談もちゃんと書いてほしい。そして、「万屋大悟のマシュマロな事件簿」では万屋大悟は活躍してもメンバーの活躍の場面は限られていたから、今度は赤川次郎の「四姉妹探偵団」のようにメンバーの4人も事件解決に関与するようなものにしてほしい。その方がドラマ化の可能性も上がるのじゃないかと思うのだが……。



万屋大悟のマシュマロな事件簿

万屋大悟のマシュマロな事件簿




.

*1:ドラマになったことはないのに表紙に遠藤憲一が使われていることなど作者自身にその色気ありありである