下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

『しおこうじ玉井詩織×坂崎幸之助のお台場フォーク村NEXT  ももクロときたやまおさむ縛りアンプラグド』第106夜 @フジテレビNEXT

『しおこうじ玉井詩織×坂崎幸之助のお台場フォーク村NEXT ももクロきたやまおさむ縛りアンプラグド』第106夜 @フジテレビNEXT

ゲスト きたやまおさむ

ももいろクローバー
opening act B.O.L.T

しおこうじ(玉井詩織×坂崎幸之助)

生演奏
ダウンタウンしおこうじバンド

セットリスト
M01:仏桑花 (村長/ももクロ)
M02:行く春来る春 (ももクロももクロ)
M03:夜更けのプロローグ (B.O.L.T/B.O.L.T)
M04:あの素晴らしい愛をもう一度 (ももクロ&B.O.L.T/北山 修)
M05:花嫁 (れに/はしだのりひことクライマックス)
M06:白い色は恋人の色 (夏菜子&しおりん/ベッツィ&クリス)
M07:花のように (あーりん&高井千帆/ベッツィ&クリス)
M08:さらば恋人 (村長&しおりん/堺正章)
M09:花のかおりに (夏菜子&あーりん/ザ・フォーククルセダーズ)
M10:風 (いづみ&内藤るなはしだのりひこ)
M11:世界は君のもの (山本ひかる&竹上/a flood of circle)
M12:感謝 (村長/坂崎幸之助)
M13:戦争を知らない子供たち (ももクロ&B.O.L.T&北山修さん/ジローズ)
M14:青春賦 (ももクロ&B.O.L.T/ももクロ)

M15:Link Link (ももクロ&B.O.L.T/ももクロ)
M16:My Truth (しおりん/THE ALFEE)
M17:悲しくてやりきれない (しおりん&村長/ザ・フォーク・クルセダーズ)

ひさびさのももクロ復帰。嬉しいことではあるが、しおこうじの基本フォーマットに慣れ親しんでしまうとももクロメンバーそれぞれが練習のために割ける時間の問題などもあり、通常の「しおこうじ」より音楽番組としてのクオリティーの低下を感じてしまったのが皮肉である。
 この日最大のサプライズはGO GO BANDGIRLSにドラムで加わったB.O.L.Tの高井千帆の挑戦であった。これなら、今後、浪江女子発組合のフォーク村へのゲスト参加というのも面白いかもしれない。
この日もうひとつ興味深かったのはこの日はラジオ番組への参加で高木れにが早抜けした影響もあり、番組後半でB.O.L.Tの年長組とももクロ3人での「青春賦 」「Link Link 」が歌われたのだが、いつもと異なる編成での5人のももクロが聴け、メンバーが入れ代わるとこんな風に変わるのかというのが仮想できたというのが面白かった。結論からいえば高木れにのプレゼンスが薄いというわけではないのだけれど、百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏の3人がいればももクロに聞こえるということで、気志團万博で感じたメインボーカルの木村拓哉がいなくても「新しい地図」の3人の歌唱はSMAPに聴こえたというのを思い出させたのである。