下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

ミュゼ・ドゥ・ももクロを予習する 現代美術に魅せられて-原俊夫による原美術館コレクション展@原美術館

現代美術に魅せられて-原俊夫による原美術館コレクション展@原美術館

2017年12月12日
会期:2018年1月6日[土]- 6月3日[日]
前期: 1月6日[土]- 3月11日[日] / 後期: 3月21日[水・祝]- 6月3日[日] *展示替え休館: 3月12日[月]- 20日[火]

展示物をモチーフにしたケーキセット(原美術館カフェにて)

【出品作家】
【前期】 アメリカの作家では、戦後絵画に大きな影響を与えた抽象表現主義のジャクソン ポロックやマーク ロスコ、その後続世代を代表するロバート ラウシェンバーグやジャスパー ジョーンズ、世界を席巻したポップアートの代表者であるアンディ ウォーホルやロイ リキテンシュタインなど。そして、前衛的・実験的精神に溢れたヨーロッパの作家たちとして、絵画のジャン デュビュッフェやカレル アペル、彫刻のアルマン、セザール、ジャン ティンゲリーなど。日本の作家では、戦後日本美術を牽引した今井俊満河原温工藤哲巳、宮脇愛子など。また、今も現役で活躍する作家たちでは草間彌生、篠原有司男、杉本博司李禹煥。さらに世界に影響を与えたアジアの作家として、ナム ジュン パイク、艾未未(アイ ウェイウェイ)。
*前期出品作品リストはこちらへ(PCから)。

【後期】 安藤正子、荒木経惟、ヤン ファーブル、加藤泉、ウィリアム ケントリッジ森村泰昌奈良美智名和晃平蜷川実花野口里佳、マリック シディベ、杉本博司束芋、ミカリーン トーマス、アドリアナ ヴァレジョン、やなぎみわ(予定・調整中)

 ももクロがアートと親しむと言うネット配信番組「ミュゼ・ドゥ・ももクロ」の第1回目に選ばれた。美術好きとはいえももクロ佐々木彩夏(あーりん)が訪問する場所とするなら、一緒に仕事したこともある蜷川実花をはじめ、森村泰昌奈良美智名和晃平やなぎみわ束芋などと興味をひきやすそうな作家が並ぶ後期の展示の方が盛り上がりそうではあるのだけれど、こちらの前期は渋いラインナップながらあーりんがなじみがあるピカソなどより新しい抽象表現主義以降の作家やポップアートのアンディ ウォーホルやロイ リキテンシュタインなど欧米の現代絵画の流れが概観できるキュレーションで、現代美術入門としては適当なのかもしれない。
 草間彌生、篠原有司男はともかくとして、庭に箒を並べていた杉本博司の作品などどのように目に映ったろうか。何にまず食いついたろうという予想に対し、一緒に行った妻の予想は3階にあった「風呂のない風呂」(と妻は呼んでいた)だった。私はピンクではないけれど、真っ赤で塗りこめられた作品だったからイブ・クラインかなと予想。
 ちなみに上の写真のケーキが模していたのはナム・ジュン・パイクの作品。