下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

シアターアーツ劇評講座Ⅲ 「福島三部作一挙上演までの道のり  ゲスト:谷賢一氏」@座・高円寺地下3階稽古場

シアターアーツ劇評講座Ⅲ 「福島三部作一挙上演までの道のり  ゲスト:谷賢一氏」@座・高円寺地下3階稽古場

f:id:simokitazawa:20191201180602j:plain
明治大学時代 騒動舎と演劇理論を同時に体験
英国留学(ケント大学)のこと サイモン・マクバーニー
2016年から福島第一原子力発電所取材を開始。

2019劇評講座Ⅲ  

福島三部作一挙上演までの道のり

ゲスト: 谷賢一(劇団DULL-COLORED POP主宰)

◾日時:2019年12月1日(日) 18時〜 


◾ 場所:座・高円寺 地下3階 けいこ場2


◾ 聞き手: 野田学 (明治大学教授・シアターアーツ編集部)


◾ 主催:国際演劇評論家協会(AICT)日本センター/シアターアーツ


◾ 協力:座・高円寺


◾ 受講料:500円(当日お支払い、予約不要)
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会員=無料
学生=無料(要学生証提示)


本年(2019年)8~9月にかけて、DULL-COLORED POPが上演した『福島三部作』は東日本大震災をめぐる家族の記憶、報道のあり方など、多くの問題を観客に投げかけました。今回の劇評講座ではこの作品の作・演出を担当された谷賢一さんをゲストにお招きし、3年間にわたる取材・構想など『福島三部作』上演までの過程を中心にお話を伺います。

(参加される方はシアターアーツHP掲載「第1回座談会演劇時評(2019年8月) 徹底討論DULL-COLORED POP第20回公演福島三部作一挙上演」を事前にお読み下さることをおすすめします。)

ゲスト略歴 谷賢一(たに・けんいち)


作家・演出家・翻訳家。1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。劇団DULL-COLORED POP主宰。明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Study にて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手掛け、第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。近年の代表作に、DULL-COLORED POP『福島三部作・一挙上演』(作・演出)、KAAT『三文オペラ』(上演台本・演出)など

simokitazawa.hatenablog.com
simokitazawa.hatenablog.com

theatrearts.aict-iatc.jp