下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmai.comまで連絡お願いします。

ENIGMAーHole for TPAM2021

ENIGMAーHole for TPAM2021

www.youtube.com

今回のテーマは「穴」。何かと何かを繋げる、しかし実体を持たないくぼみである「穴」。それは光や舞台装置として、ダンサーの動きに直接働きかけますが、穴に呼応する身体は、カメラという穴/映像を介してどのように届けることができるのでしょうか。



新型コロナウィルス感染拡大に伴い、「リモート」が私たちの生活様式に当たり前となり、 オンラインでの作品発表/展示の様々な試みが生まれてきています。身体や空間を「その場で」 共有できないことは、「その場かぎりの臨場感」を前提としていたパフォーマンス作品に対して、更新する必要性を突きつけます。本作では、オンラインというツールの持つ可能性に挑み、パフォーマンス作品を再構築します。

The theme this time is Hole. A hole is what connects one and another, but does not material substance. It directly affects movement of a dancer as light or stage setting. However, how can we transfer the body that reacts to the hole through a hole, a camera/video?
Due to the COVID-19, “remote” turned into the new normal as our lifestyle, and in the field of art, there have appeared many experimental and changing forms of exhibition or showing outcome somehow. The current situation that disables us to share a physical body and space “at the same place”, challenges a performance work that takes for granted and relies on the state of temporariness and presence. This work ENIGMA – Hole explores possibility of online format as a performance work and transforms into the new one reflecting the current occasion.



• 演出・振付・出演:小池 陽子

• 音楽:山中 透

• ドラマ トゥルク:内海 潤也

• 映像制作 / 配信プロディース:竹内 祥訓

• インタラクション:Kazumasa HIEI

• 照明:早川 誠司

• 映像撮影:Katsuhiro Funabashi

• 企画/制作:ENIGMA PROJECT

• 協力:アトリエ第Q芸術



• Dance / Choreography:Yoko Koike

• Music:Toru Yamanaka

• Dramaturg:Junya Utsumi

• Video production / Online Distribution:Yoshinori Takeuchi

• Interaction:Kazumasa HIEI

• Stage lighting:Seiji Hayakawa

• Video Shooter:Katsuhiro Funabashi

• Production:ENIGMA PROJECT

• Cooperation:Atelier Dai Q Geijutsu , Tokyo

■ 日程 / Date and Time

2021年2月11日(木) 19:00 - 20:10 (日本時間、上演時間70分)

※パフォーマンスは、観客参加のインタラクティブ・プログラムを含むライブ配信と、編集した映像の オンデマンド配信で公開します。(オンデマンド映像配信期間:2021年2月下旬~3月31日)



11Feb(Thu)7:00pm to 8:10pm in Japan time (GST+9)[duration:70min]

※The performance will be shown through live streaming that includes participatory interactive program and edited video broadcasting on demand after the play.(On-demand video distribution period: Late February to March 31, 2021)

ライブ配信について / Live Streaming



今回、ライブ配信は、ZOOMで行います。パフォーマンス開催までに、ZOOMアプリのインストールをお願いします。 2/11(木)は、18:50にZOOMをオープンします。

The live streaming will be available to see through ZOOM. Please install the application of ZOOM in advance. On the day, the platform will be open from 6:50pm.

◉配信URL / The Live Streaming link below

https://us02web.zoom.us/j/88464873046?pwd=NjFXdUtjTjdwZlVmZERyZnBjNGdSZz09

ID:884 6487 3046

Pass Code:enigma2021





■ Contact / お問い合わせ

project.enigma.art@gmail.com


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------



About ENIGMA PROJECT
ENIGMA PROJECT』は、2012年に初演されたパフォーマンス作品「ENIGMA」を、領域の異なる第一線で活躍するアーティス達が様々な角度から分析し、新たなパフォーマンス作品として再構築するプロジェクトです。「ENIGMA=エニグマ」は、ギリシア語「ainigma=謎めいた言葉」を語源に持ち、英語で「謎」や「不可解なこと」を意味します。第二次世界大戦中にナチス・ドイツによって開発されたローター式暗号機の名前としても用いられました。このプロジェクトでは、ENIGMAというキーワードに対し、サウンド、メディア、身体、言語など、メンバーそれぞれの専門分野から、問いや専門性をもって創造的にコミットし、様々な角度から常に相互拡張的な取り組みを行っています。



ENIGMA PROJECT』is a project that analyses from different perspectives and re-construct a performance work “ENIGMA”, which premiered in 2012, Kyoto. An etymology of enigma is a Greece word “ainigma” that means an obscure saying, and the word “enigma” was used for the encryption device deployed by Nazi Germany during the WWII.

A dance Yoko Koike and a music composer Toru Yamanaka have been engaged with the work ENIGMA since 2012 when it’s premiered in Kyoto. Adding a curator Junya Utsumi, a video artist Yoshinori Takeuchi, and a sound and media artist Kazumasa HIEI to the original members in 2020, they started to anlyse the performance from different perspectives and reconstruct it in an interdisciplinary way.



=================

ENIGMA PROJECT

web : https://enigma-project.info/

mail : project.enigma.art@gmail.com