下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmai.comまで連絡お願いします。

ニコ生で『「ももいろクリスマス2019」をメンバーといっしょにみよう ~ニコS特別編~』@ニコニコ生放送

ニコ生で『「ももいろクリスマス2019」をメンバーといっしょにみよう ~ニコS特別編~』@ニコニコ生放送

 これまでの「ニコS」ラインナップではたこ虹の回が圧倒的に面白かった*1のだが、やはり貫禄というかももクロ特別編もそれに匹敵する面白さであった。少し残念だったのは今回はこの日発売日であった「ももいろクリスマス2019」の宣伝番組として、後半に表題にもあるように「『ももいろクリスマス2019』をメンバーといっしょにみよう 」の企画が後半に控えていたこともあり、「ニコS」でこれまでやってきた前半部の流れが大きくカットされていたことだ。特にクイズ企画がなかったのが本当に残念で似たようなクイズを出すNHK番組でレギュラーを務めるれにちゃんがどのような回答を出すのかを楽しみにしていたので、何か別の機会にニコニコ生放送でぜひやってほしいと思う。
 それでもたこ虹からのバトンを受けた前半も面白かった。たこ虹、ももクロはZOOMでメンバーが参加していたグループと比べるとレスポンスの無駄のなさに一日の長があったのは間違いないものの、この2つのグループのバラエティーにおける集団戦の戦い方には後輩グループが大いに参考にすべき点があったと思う*2
 後半のメンバーのライブ鑑賞はももクロでは時折やられる企画なのだが、相変わらずメンバーの誰一人としてまともにはライブ自体を見ていない*3し、自分たちで話をし始めるとそれに夢中になってライブのことなどそっちのけになってしまうのが現在のももクロである*4。ただ、見ていないようでいて、メンバーが無意識にやっていたような笑える「おかしなやらかしポイント」は的確に見つけ出すのもこの人たちの慧眼(?)である。
 ただ、そうした企画でメンバーが真似をして、有名になった夏菜子が鼻の穴を膨らませて歌うところとか、発見ポイントに破壊力がありすぎてその歌の印象を変えてしまいかねない危険もあるのだが(笑い)。
 自分たちのライブを一緒に見る時に本当にうるさいのはももクロ、たこ虹に共通するところなのだが、違いもあることに気が付いた。たこ虹が自分あるいは自分たちのここが可愛かったよかったと常に自画自賛しがちなのに対して、ももクロはそういうことをするのはさすがに羞恥心が勝つためかあまりない。むしろ主に夏菜子やれにちゃんを対象にディスりがちである。これはどちらがいいというものではなくて、似た部分が目立つがそれぞれの個性の違いがあるという指摘。ただ、これで気が付いたのはももクロのディスりをアメフラっシが取り入れて、真似ている部分があるのだが、こういうのは本当に匙加減が難しくて、やりすぎてしまうと内輪の事情が分かったファンはある程度楽しんでくれるのだけれど、外部に対してマイナスプロモーションになる場合もあるのだ。説明するのは難しいが結局はメンバー間の阿吽の呼吸での役割分担の問題かもしれない*5
 実はたこ虹の自画自賛というのも、もろ刃の剣のようなもので、下手をするといやらしくなってもおかしくないのをそうはならないのが味なのだろう。これは本当に心からそう思っているからで、そこにはいっさい邪気や計算はなく、それが見ているひとがそれを許容できる理由でもある。自画自賛と書いたが、この子たちは本当にそのライブが好きなのだということが伝わってくるから、そういう行為が受け入れられるのだ。
 さらに言えば彼女たちはおそらくそれがももクロのライブなら同じように「ここがいい」「ここが可愛い」などと言い続けると思う。ももクロのライブ放映があると5人でいっしょに見ているらしいので、スタプラはぜひ一度たこ虹がももクロライブを見るという番組もやってほしい。ももクロファンもたこ虹ファンも楽しめるものになるはずだ。さらに言うならたこ虹がももクロライブをみている映像をももクロが見てコメントする番組も見てみたい。

『本日発売TV「ももいろクリスマス2019」をメンバーといっしょにみよう~ニコS特別編~』
放送日時:2020年7月15日(水)開場 後6・50/開演 後7・00
視聴URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv326897765

出演者:ももいろクローバーZ百田夏菜子玉井詩織佐々木彩夏高城れに
タイムシフト視聴は7月15日(水)後11・59まで
※配信の一部はニコニコプレミアム会員のみ視聴可能

simokitazawa.hatenablog.com

*1:simokitazawa.hatenablog.com

*2:まったく違う空気感を醸し出す私立恵比寿中学はまた別の話である。

*3:杏果がいた時には彼女だけは食い入るように画面を見ていることが多くて、アクセントになっていた。

*4:それを駄目だとは一言も言っていないから勘違いしないように。

*5:ももクロはそのあたりの勘所が鋭くてスタプラメンバーの中ではたこ虹の堀くるみだけがメンバーから自由にいじってもいい存在として認識されていると思う。