下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

劇団アカズノマ第2回公演『夜曲』@新宿村LIVE

劇団アカズノマ第2回公演『夜曲』@新宿村LIVE

作:横内謙介 演出:七味まゆ味

【キャスト】
【配役】(登場順)
ツトム:石塚朱莉
サヨ:古賀成美・河北琴音(役替わり)
白百:山本奈臣実
十五:中嶋海央/三浦修平(Wキャスト)
玉野尾:丸山厚人
虎清:大西翔
黒百合:汐月しゅう
乳母:森下亮
千代:古賀成美・河北琴音(役替わり)
ゴロウ:七味まゆ味
悪霊:水紀憧子、るりこ、中嶋海央/三浦修平(Wキャスト)

【役替わり・Wキャスト スケジュール】
★サヨ:古賀成美 千代姫:河北琴音 十五:中嶋海央 悪霊:三浦修平
☆サヨ:河北琴音 千代姫:古賀成美 十五:三浦修平 悪霊:中嶋海央

▼ストーリー
新聞勧誘員のツトムは放火魔だ。
彼は廃屋となった古びた幼稚園に放火をし、
そこでサヨという少女と出会う。

サヨはツトムが放火した晩には必ず現れる不思議な少女で、
顔は知っていたものの、話すのは初めてだった。

ツトムが幼稚園を放火したことをなぜか喜ぶサヨ。

すると、放火をきっかけに
700年前の人間たちが現代に次々と蘇ってくる。

怨霊によって呪いをかけられた人間、
身分違いの恋、武士や貴族の主従関係、
有象無象の人間関係に振り回されるツトムは、
やがて自分がすべきことは何かを考えはじめ…。

劇団アカズノマはNMB48所属のアイドルである石塚朱莉が率いる小劇場劇団で今回は第2回公演である。アイドルグループのメンバーが演劇公演に出演すること自体はそれほど珍しいことではないが、大部分は運営あるいは事務所がらみでの出演。ところがこの劇団アカズノマはもちろんアイドルゆえに事務所ならびにグループ運営の許可を得てのことではあるはずだが、極度の演劇好き(マニア)である石塚自身が自分で企画し設立したというのが珍しく、面白い。
石塚は京都の人気劇団悪い芝居に二度ほど出演したことがあり、その際の演技がよく注目していた。しかもその時の出演も悪い芝居がアイドルを出演させたいと仕掛けたということではなくて、 石塚自身がぜひ出演したいと劇団側に働きかけ実現したものだというのも聞いており、アイドルには珍しいセルフプロデュース力を持っていると昨年の旗揚げ公演「露出狂」から注目していた。ただ、旗揚げ公演は大阪のみでの公演ゆえに観劇できなかったため、東京公演もやるという今回の第2回公演を楽しみにしていた。
 第2回の演目に選ばれたのが横内謙介扉座)の「夜曲」。横内といえば先代猿之助スーパー歌舞伎に脚本を提供したりと自分の劇団以外での活躍が多い人気作家だが、アイドルとの関係も深く、今回選ばれた「夜曲-tsutomu-」も1996年に稲垣吾郎出演で上演*1されている。当時はアイドルの俳優への登竜門的な意味合いもあったのではないかと考えられ、今売れっ子の中屋敷法仁(柿喰う客)の「露出狂」に続き、この作品に白羽の矢がたったのにはそういう意味合いがあったのかもしれないと感じた。演出は前作に引き続き、七味まゆ味が担当。前作からの信頼感と20年以上も前に書かれた旧作に新しい息吹を吹き込んでもらいたいとの狙いではないかと思う。 
 石塚は主人公の放火魔ツトムを演じた。22年前に稲垣吾郎が演じた役だ(ちなみに扉座での初演では六角精司が演じた)。少年役ということもあり、長かった髪を切って役作りをしており、最初は「あれっ」と思いもしたが、少し線が細い感はあるが、なかなか魅力的であった。
劇団アカズノマが興味深かったのはただ単にアイドルが演劇に挑戦してみましたというようなものになっていなかったことだ。そういうものは芸能事務所やアイドル運営の主催で最近は枚挙に暇がないほど見かけるけれど、演劇経験ということでいえば将来のキャリアのためにもほとんど場慣れ程度の意味しかないように思われる。
 この舞台は事務所の人で補佐している人はいるのだろうが、キャスティングひとつを見てみても石塚朱莉のセルフプロデュースの色合いが強いと思われるし、そういうなかで出演者として元宝塚の汐月しゅうや中嶋海央/三浦修平(Wキャスト)や森下亮(クロムモリブデン)といった男優陣をそろえた手腕はなかなかであり、ジャニーズの若手アイドルを次々とキャスティングして勢いがあった時代のRUPプロデュースの舞台などを彷彿とさせるところがあった。

1995/07/29

(月影十番勝負1) ねぇ!キスしてよ

THEATER TOPS

1996/06/09

(月影十番勝負2) 月の輝く夜に

THEATER TOPS

1997/06/01

(月影十番勝負3) 河童

THEATER TOPS

1997/06/23

広島に原爆を落とす日(稲垣吾郎

紀伊國屋サザンシアター

1998/03/18

新・幕末純情伝(筧 利夫)

シアターコクーン

1998/04/03

雨かしら(戸川純

スペースゼロ

1998/07/18

(月影十番勝負4) 唇からナイフ

紀伊國屋ホール

1999/08/21

犬を使う女「スター誕生」より(ともさかりえ

シアターコクーン
2000/08/06 トランス(ともさかりえ) ル テアトル銀座
2000/11/03 二万七千光年の旅(三宅 健) 大阪シアタードラマシティ
2001/04/14 デジャ・ヴュ 01(佐藤アツヒロ紀伊國屋ホール
2001/09/30 (月影十番勝負6) 世にも素敵なネバーエンディングストーリー 青山円形劇場
2002/02/17 青木さん家の奥さん(大野智) アートスフィア
2002/06/28 スサノオ 神の剣の物語(松岡昌宏NHK大阪ホール
2002/07/06 HAKANA(井川遥PARCO劇場
2002/09/22 (月影十番勝負第七番 愛の嵐) 青山円形劇場
2002/11/23 透明人間の蒸気 青山劇場
2003/11/22 幕末純情伝(広末涼子筧利夫) 青山劇場
2003/11/23 (月影十番勝負第八番)ダブルアルバム スペースゼロ
2003/12/07 飛龍伝(広末涼子筧利夫) 青山劇場
2005/04/16 (月影十番勝負 第9番)「猫と庄造と二人のおんな」 青山円形劇場
2005/11/12 KARA COMPLEX 調教師 シアターコクーン
2005/12/30 Team ARAGOTO「Strong Play of The World エビ大王」 シアターBRAVA!
2006/03/18 (月影十番勝負第十番 ) SASORIIX 約束 スペースゼロ

*1:「夜曲」は見ていないが、その後に稲垣が出演した「広島に原爆を落とす日」は観劇。稲垣は見事な演技を見せてくれた。