下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

平田オリザ・演劇展vol.6 青年団『忠臣蔵・OL編』Bチーム@こまばアゴラ劇場

平田オリザ・演劇展vol.6 青年団忠臣蔵・OL編』Bチーム@こまばアゴラ劇場

忠臣蔵・OL編』※A〜Cの3通りのチームで上演します。
【A】天明留理子 村田牧子 鈴木智香子 長野 海 中村真生 西山真来 立蔵葉子
【B】森内美由紀 黒木絵美花 石橋亜希子 田原礼子 川隅奈保子 永山由里恵 岩井由紀子
【C】松田弘子 村田牧子 村井まどか 本田けい 申 瑞季 南波 圭 立蔵葉子


「だからさ、こう討ち入り目指してく過程で、だんだん武士道的になっていけばいいんじゃないの、みんなが。」
平和ボケした赤穂浪士たちのもとに、突如届いたお家取り潰しの知らせ。
その時、彼らは何を思い、どのように決断したのか?
私たちに最も馴染み深い忠義話の討ち入り決断を、日本人の意思決定の過程から描いた、アウトローな『忠臣蔵』2バージョン。
*上演時間: 各約60分

Bチームの観劇で、3バージョンの公演観劇を完遂。つくづく感じたのは青年団の俳優陣、特に女優陣の層の分厚さである。とはいえ、劇団の本拠地の兵庫県豊岡市への移転にともない、現有の俳優陣が参加する青年団本公演はこれが最後かも知れず、そうした状況はある意味で、藩がとり潰しとなり、それぞれがそれぞれの判断で身の振り方を決めることになる赤穂浪士と重なって見えてくるところもあると考えるのはメタファーによる見立てを多用する平田オリザとは言え、うがちすぎであろうか?
simokitazawa.hatenablog.com