下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

西田シャトナー×保村大和超一人芝居『Believe』(2001年作品)@Youtube

西田シャトナー×保村大和超一人芝居『Believe』(2001年作品)@Youtube

舞台「弱虫ペダル*1(演出を担当)の人気などでいまや2.5次元演劇の旗手といってもいい西田シャトナーだが、今回出演している保村大和や腹筋善之助、人気俳優の佐々木蔵之介らと結成した惑星ピスタチオ(1990~2000年)は90年代において伝説の劇団ともいうべき存在だった。
保村大和超一人芝居『Believe』は劇団解散後の2001年に上演された作品の舞台映像を配信した。惑星ピスタチオ時代に上演された同名作品を下敷きとしているが、安土城にいた信長の前に現在の現代の歴史教科書「チャート式日本史」がタイムスリップして、信長が本能寺で自分が光秀に討たれるという未来を知ってしまうという基本的なアイデアを生かしながらも、物語にはかなり変更もほどこされており、オリジナル作品といってもいいだろう。
人間の身体と声だけですべてを表現していく西田シャトナーの演劇としてのアイデアはオリジナリティーにおいては空前絶後といってもいいほどで、この作品でももちろん素晴らしいのだが、それでも見終わって最初に感じるのは保村大和の舞台役者としての素晴らしさである。こういう人はなかなか出てこないのではないか。
実はこの超一人芝居シリーズにはシェイクスピアの「マクベス」を保村大和がたった一人で演じた超一人芝居「Macbeth」があり、これは不朽の名作といってもいいと考えている。近くこれも配信してくれるらしく、現在準備中といい、これは惑星ピスタチオファンだけではなくシェイクスピア好きの演劇ファンにもぜひ見てもらいたいのである。

西田シャトナー×保村大和 超一人芝居『Believe』
作・演出/西田シャトナー
出演/保村大和

2001年 シアターサンモール
※過去にVHSテープで販売したものです。

衣装:斎藤まさみ
舞台装置:橘宣行彫刻ランド
総合プロデュース:登紀子

【5/31(日)13時 無料配信&西田シャトナーコメント参加決定】
作・演出 #西田シャトナー
出演 #保村大和
http://youtube.com/c/aptokiko
よければ一緒に見ましょう。
チャート式日本史を見てしまった織田信長と光秀たちの闘いを描く作品なのです。

超一人芝居『Believe』2001年

超一人芝居『Believe』2001年
simokitazawa.hatenablog.com
simokitazawa.hatenablog.com